ホーム | 日系社会ニュース | スポーツ型を新発売!=防咳フィルム帽の第2弾

スポーツ型を新発売!=防咳フィルム帽の第2弾

 
防咳フィルム付き帽第2弾

防咳フィルム付き帽第2弾

 【既報関連】サンパウロ市在住の山田・ヘンリー・ケイギさん(49歳、三世)の「防咳フィルム付き帽」の第2弾が発売となった。前回の丸型帽子とは代わってスポーツタイプ型の帽子だ。
 今回は防咳フィルムが、ボタン脱着式になっている。帽子後部にサイズを調節できるアジャスターも付いている。
 山田さんは商品について「前回の商品は子供や高齢者の方など、多くの人に買っていただきました。一方で、若い人から『通勤時に使いたいので、スポーツタイプが欲しい』という要望が多かったので、新商品を開発しました」とのこと。
 「外出自粛が徐々に緩和されていますが、まだコロナの脅威は終わっていません。これを付けて引き続き家族を守ってほしい」と語った。
 本商品は老若男女・サイズ問わず65レアルで販売中。配達はブラジル国内ならどこでも対応可能。注文の連絡は(ワッツアップ=11・95427・8000)にて受付中。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》持続可能性重視で電気トラック製造=VW社が業界けん引2020年10月21日 《ブラジル》持続可能性重視で電気トラック製造=VW社が業界けん引  世界中で持続可能性(サステナビリティ)を重視した車の製造が進められているが、ブラジルではトラック業界がこの分野をけん引している。  2年間のテスト期間を経て、21年3月から電気トラックを製造し始めるのはフォルクスワーゲンのトラック・バス部門(VWCO)だ。リオ州レゼ […]
  • 《ブラジル》上半期に殺人事件が増加=10分間で1人が犠牲に=2年連続の減少傾向覆る2020年10月21日 《ブラジル》上半期に殺人事件が増加=10分間で1人が犠牲に=2年連続の減少傾向覆る  ブラジルでの殺人事件発生率は2019年に過去10年間で最低を記録したが、コロナ禍の今年上半期は逆に増え、10分間で1人が殺されたと19日付現地紙が報じた。  18日に開かれた全国治安フォーラムによると、1~6月は人口100万人あたり25・712人が殺人事件の犠牲とな […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=大学の授業料滞納が激増=42万人が中途退学や休学?2020年10月21日 《ブラジル》コロナ禍=大学の授業料滞納が激増=42万人が中途退学や休学?  高等教育機関メンテナンス担当者の組合(Semesp)によると、今年上半期の授業料滞納者は全体の11%に上り、昨年同期比で29・9%増えた。また、中途退学者や休学者も14%増えたと19日付現地紙、サイトが報じた。  Semespのデータは全国53の高等教育機関を対象に […]
  • 東西南北2020年10月21日 東西南北  サンパウロ市内のフェイラの中には、NPOと称する団体が新型コロナウイルスの簡易検査を行っているところがある。10月13日現在の同NPOのデータだと、1029人がテストを受けたところ、960人は陰性だったが、69人は陽性だったという。この検査は15分間で結果が出る上、検査にかか […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<1>2020年10月21日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<1>  「既に多くの日本人のお客様たちにもご来店いただいております」と語るのは、3年前にリベルダーデ地区にタイ料理店THAI E-SAN1号店(Rua Barão de Iguape,446)をオープンしたフィリピン人のマリリン・キパオさん(Marilyn […]