fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | パラナ州大手MedLine=産業医クリニック支店東洋街に=「安心と安全をお届けします!」

パラナ州大手MedLine=産業医クリニック支店東洋街に=「安心と安全をお届けします!」

来社した佐藤ネルソン医師、鍋良金男営業部長

来社した佐藤ネルソン医師、鍋良金男営業部長

 産業医クリニックMedLine社が1日にリベルダーデ支店を開店した。その挨拶のため佐藤ネルソン産業医(三世、54、マリンガ出身)と鍋良金男(なべらかねお)ウンベルト営業部長(三世、53、マリンガ出身)が編集部を訪れた。
 MedLineは2001年に開業し、パラナ州クリチーバ市やロンドリーナ市をはじめとした5市にクリニックを持つ産業医専門の会社で、パラナ州では1万の顧客を持つという。このたび聖州初の支店となるリベルダーデ店を、メトロそばに開設した。
 「安心と安全を届ける」を理念とする同社。主に職場環境にある病気や怪我のリスクを評価し、健康を守るための「環境リスク防止措置(PPRA、Programa de Prevenção de Riscos Ambientais)」の作成や、従業員の入社前や退社後または定期健診をおこなう「労働衛生・コントロールプログラム(PCMSO、Programa de Controle Médico de Saúde Ocupacional)」を専門に請け負う。
 「エンジニアも医師も各専門分野の知識だけではなく、労働法に対する知識もなければいけません」と専門性の高さを強調し、「私たちは正直でレベルの高いサービスを提供することモットーにしています」と佐藤産業医は語る。
 コロナ禍で多くの会社が経済的打撃を受けて倒産していることから「値段についても、会社の経済的負担にならないよう勉強させて頂きます」とアピールした。

クリニックの地図

クリニックの地図


 「子供の頃、サンパウロにきたら必ずリベルダーデに来ていたました。日系の方も集まる場所ですので、お互い協力しあい皆で発展していけたらと思います」と思い入れの深さを伺わせ、「リベルダーデは聖市中心位置にあるので、ここを中心にいずれはサンパウロ州で20支社作りたいです」と笑顔で将来の展望を続けて語った。
 住所はメトロ同駅から徒歩3分(Av. Da Liberdade, 130 Edficio Liberdade – 6andar Conjunto 67)。営業時間は8時から18時(祝・土日定休日)。サービス詳細は(ホームページ:https://www.grupomedline.com.br/index.php)
 問合わせ電話番号は11・3105・0515、ワッツアップ=11・94492・6386まで。新支社開設に伴い受付を募集している。希望は「明るく誠実な人」40歳以上も可。応募はメールへ履歴書とともに送付すること(メール=liberdade@grupomediline.com.br)

大耳小耳 関連コラム
     ◎
 MedLine社がリベルダーデ支店の受付を募集中だが、佐藤医師によると「他の支店も受付から叩き上げで責任者になった人がほとんど」だと言う。いずれは責任ある職に就きたい人は応募してはいかが。リベルダーデ駅から出てすぐで立地も大変よい。

image_print

こちらの記事もどうぞ