ホーム | コラム | オーリャ! | 「限界だ!!」

「限界だ!!」

自粛令下の白昼土曜日のリベルダーデ

自粛令下の白昼土曜日のリベルダーデ

 新型コロナウイルスの影響により、外出自粛が始まり早くも3カ月弱が経とうとしている。
 ある夜、オーリャ子の夢の中では、災禍前の活気溢れるリベルダーデ街の風景が広がっていた。全ての店が開き、カメロー(露天商)も盛大に路上販売をしている。
 人通りも多く、少し歩くだけでも人混みをかき分けなければならない、そんな懐かしの光景が夢の中で広がっていた。
 心地よい夢を終え、朝を迎えたオーリャ子から、自然と出た一言が「限界だ…」だった。
 毎日出社しているから、完全自粛生活をしている人に比べるとストレスは少ないだろう。
 だが、店の大半が開いていない。友人にも会えない。アブラッソ(抱擁)もできない。好きな柔術もできない。大嫌いなマスクも付けないといけない。顔は見えるとはいえ画面越しのビデオ電話。この殺伐とした環境、人間関係を耐え忍ぶには、やはり限界がある。
 このコロナ災禍で人間は「くうねるのむだす」だけでなく、娯楽や人との交流は重要だと改めて感じた。一刻も早くコロナ問題が終息して、災禍前のブラジルに戻ることを祈るばかりだ。(淀)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自粛中にブラジル初床屋2020年6月27日 自粛中にブラジル初床屋  サンパウロ州政府が外出自粛を発令し、早くも3カ月が経とうとしている20日土曜。オーリャ子はこの間に伸びた前髪や襟足にイライラしていた。元々短髪で、自粛令以前は月に一回こまめに散髪をしていた。  コロナ感染が怖かったが、我慢も限界になり自宅近くのブラジル人が経営する散 […]
  • 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか2020年6月5日 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか  新型コロナウイルスに関して今月中に、ブラジルの感染者、死者数が共に全世界で2位になることはほぼ間違いないと思われる。感染者に関してはすでに5月の時点で2位に躍り出ているが、死者の数でも現在は世界第4位。3位のイタリアとの差も3日夜の時点で1033人差。  ここ数日で […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 自己陶酔の革命家ごっこ2020年6月19日 自己陶酔の革命家ごっこ 「300・ド・ブラジル」の主宰者、サラ・ウインター容疑者が逮捕された。彼女のことはブラジルの一般メディアが大きく取り扱う前から本コラムで「大統領府前で武装して立てこもっている危ない集団がいる」として紹介したが、それから約1カ月後の逮捕となった。  コラム子からすると、 […]
  • 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力2020年6月11日 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力  コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が始まって以来、コンピューター(CPU)やソフトが違うと作業手順などが全然違うと実感している。  ソフトの差による手順増は会社でもあったが、在宅だと各自のCPUで作業するため、手順の差が大きくなる。自分のCPU(ノートブック)で作っ […]