ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばならず、ついつい楽しいお酒で盛り上がってしまうことも。気を緩めすぎずに注意したいところだ。
     ◎
 最近、日本の人からメールをもらうと、枕詞のように「まだブラジルは大変そうですね」と書かれている。自粛全面解除となった日本の明るい記事を読むと、ため息が出そうになる。逆にブラジルは「これからがピーク」という声も多い。思えば3月末頃、日本とブラジルの感染者と死者はほぼ一緒だった。ところが19日昼現在、日本は死者935人、ブラジルは4万8427人と、52倍も差が開いた。一体この違いはどこから来るのだろう?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「俳句の日」作句三昧=リ・ピーレスで虚子忌大会2005年4月26日 「俳句の日」作句三昧=リ・ピーレスで虚子忌大会 4月26日(火) […]
  • 大耳小耳2017年5月10日 大耳小耳      ◎  『「勝ち組」異聞』(無明舎出版)は3月2日に日本で刊行された。郵送に2カ月余りかかったが、9日にブラジルに到着。すでにニッケイ新聞編集部、太陽堂(11・3208・6588)、竹内書店(11・3104・3399)、高野書店(11・3209・3313)で発売中。日 […]
  • 椎の実学園が新年祝賀式=今年、創立から60周年2012年1月27日 椎の実学園が新年祝賀式=今年、創立から60周年 ニッケイ新聞 2012年1月27日付け  今年4月に創立60周年を迎える椎の実学園(落合磨校長)は『新年祝賀式』を元日午前10時からサウーデ区の同学園で催した。 […]
  • コラム オーリャ!2007年11月23日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年11月23日付け  最近、日本人の子供に会った。目線を合わせ挨拶したが、ものの見事に無視された。  知らない人と話さないよう親から言われているのか、恥ずかしがりやなのか。記者の人相が悪いせいかも知れない。 […]
  • 商議所昼食会=インダストリー4・0推進=ブラジル産業開発庁から説明2019年4月24日 商議所昼食会=インダストリー4・0推進=ブラジル産業開発庁から説明  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)は「4月定例懇親昼食会」を18日、サンパウロ市内マクソウドプラザ・ホテルにて開催し、130人が参加した。ブラジル産業開発庁(ABDI)デジタルエコノミー・コーディネーターのロドリゴ・ロドリゲス氏が「インダストリー4・0―ブラジルと […]