ホーム | 日系社会ニュース | 伯日議員連盟=移民113年の祝賀動画配信=麻生副総理や河村衆議も出演=「日伯関係の一層の発展に尽力」

伯日議員連盟=移民113年の祝賀動画配信=麻生副総理や河村衆議も出演=「日伯関係の一層の発展に尽力」

冒頭にあいさつする西森ルイス伯日議連会長

冒頭にあいさつする西森ルイス伯日議連会長

 日伯議員連盟のブラジル日本移民113年式典の記念動画が18日午前、西森ルイス伯日議連会長のフェイスブック(https://www.facebook.com/watch/live/?v=337727331120598&ref=watch_permalink)で配信され、日本ブラジル国会議員連盟会長の麻生太郎副総理らもメッセージを寄せた。

 最初にブラジル国歌が流れ、西森ルイス議連会長が「この日は、戦い、打ち勝つ事を意味しています。小さな旅行かばんに大きな夢を詰め込んで、ブラジルの大地に足を踏み出した移民たちにとって、ブラジルの文化や現実に適応する大変な日々でした。それに順応して、現在ではあらゆる分野で大きな存在感を示すようになりました。日系人という存在は日本、ブラジルの間において兄弟のように完全に統合した姿を表しています」と高らかに宣言し、日本政府の協力に感謝した。

エドアルド・サボイア駐日本ブラジル国大使

エドアルド・サボイア駐日本ブラジル国大使

 パラナ州マリンガ市と姉妹都市の兵庫県加古川市の岡田康裕市長ら、関係者からもメッセージが寄せられた。麻生副総理(日伯議連会長)も「日系人の皆様が守り育ててきた医療施設に対する支援等に河村議員と共に取り組んでいます。今後も、西森伯日議連会長とも緊密に協力して、引き続き日ブラジル関係の一層の発展に尽力してまいります」などと述べた(詳細は別掲載)。
 エドアルド・サボイア駐日本ブラジル国大使も「日本移民を受け入れたことは、ブラジルにとって大変に名誉なこと。世代を超えて日本文化を引き継いでいることに、オメデトウゴザイマスとの言葉を贈りたい」との映像を寄せた。

 山田彰日本国大使は「戦略的グローバル・パートナーである日本とブラジルの関係は素晴らしく良好ですが、発展の余地はまだまだ広大だと考えています。本年1月に、茂木外務大臣が訪伯し、ボルソナーロ大統領及び当時のアラウージョ外相との間で、経済、環境、人的交流等幅広い分野で二国間関係をさらに深化させることで一致しました。こうしたモ

山田彰日本国大使

山田彰日本国大使

メンタムを活かし、ニシモリ伯日議連会長を始めとする伯日議連の皆様とも連携して、日ブラジル関係の一層の強化に引き続き尽力していきたいと思います」と語った。
 片桐キム下議(伯日議連第1副会長)も「日本の外にあるNihonがブラジルにはある。この類まれな関係に心からの祝福を贈りたい」と語った。マリンガの最強よさこいソーランや、クリチーバの若葉太鼓、聖市の日系三味線奏者の赤堀雄三さんなどが出演した他、アエシオ・ネーベス下院外交委員長など多彩なゲストがメッセージを送った。

 

日伯議連盟会長=麻生太郎氏が祝辞=「両国関係の礎が日系人」

河村建夫衆議院議員(日伯国会議員連盟副会長)と麻生太郎副総理(同会長)

河村建夫衆議院議員(日伯国会議員連盟副会長)と麻生太郎副総理(同会長)

 麻生太郎です。
 日本にとって、ブラジルは自由、民主主義、人権の尊重、法の支配といった基本的価値を共有する戦略的グローバル・パートナーであり、緊密な関係を構築してきました。こうした日本とブラジルの友好関係の礎となっているのが、約200万人と言われる日系ブラジル人の皆様の存在です。
 日本人移住者及び日系人は、ブラジル移住後に大変な苦労を重ねられた中で、真摯に努力を積み上げられ、ブラジル社会においてその誠実な勤勉さが評価されました。そして今日のブラジルの発展に大きく貢献されました。そのことに、6月18日の移民の日において改めて敬意を表したいと思います。
 あわせて、20万人に及ぶ日本におられる日系ブラジル人の方々による日本への貢献も忘れてはなりません。昨年は、在日ブラジルコミュニティ30周年の年であり、日伯国会議員連盟として、活躍する方々30名を表彰させていただきました。
 また、昨年12月、日本とブラジルの関係強化に尽力したとして、安倍前総理とともに私もブラジル国から南十字星国家勲章を賜りました。ブラジル日系社会の皆様の支えがあってこその受賞であり、皆様の御力添えに感謝申し上げます。この勲章とともに、日本とブラジルの更なる関係促進に努めて参ります。
 今日のコロナ禍の中で、両国国民はまだまだ我慢を強いられており、何とか解決の糸口を見出そうとしています。自分としても、この状況を注視しており、我が国として、日系人の皆様が守り育ててきた医療施設に対する支援等に河村議員と共に取り組んでいます。今後も、西森伯日議連会長とも緊密に協力して、引き続き日ブラジル関係の一層の発展に尽力してまいります。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協=JICA助成金に感謝=コロナ禍ダメージを回復=「ブラジル社会に貢献する」2021年6月12日 援協=JICA助成金に感謝=コロナ禍ダメージを回復=「ブラジル社会に貢献する」  「ブラジル中が未曾有のパンデミックで苦しむ中、JICA助成金のおかげで健全な経営に戻り、傘下の福祉施設では入居者の環境改善も可能になりました」と園田昭憲副会長は感謝した。職員数が約2500人を超える日本国外では世界最大級の日系団体、サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パ […]
  • 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか?2021年4月27日 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか? 「政治的迫害の犠牲者」としてアピール  ルーラは24日に組合関係者と会合を持ったのち、27日にはブラジリアへ行き、MDBやセントロンを初めとする旧友らと逢い、来年の大統領選挙に向けての動きを本格化させる予定とエスタード紙23日付(https://politica. […]
  • 《記者コラム》CPIの裏で二者択一迫られるボルソナロ=セントロンかゲデス財相か2021年4月20日 《記者コラム》CPIの裏で二者択一迫られるボルソナロ=セントロンかゲデス財相か コロナ禍CPIの先にあるものは  ボルソナロ大統領は先週、三回大きな落胆を感じたに違いない。  一つ目の落胆は《コロナ禍議員調査委員会(CPI)の開設》だ。  大統領は、開設させないように最大限の交渉をしたが押し切られた。どうせ野党中心のコロナ禍CPIが開設さ […]
  • 文協定期総会で評議員選挙=正50人、補19人を選任2021年4月10日 文協定期総会で評議員選挙=正50人、補19人を選任  パンデミックの最悪期、サンパウロ州では外出規制が最も厳しい紫レベルにも関わらず、ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は3月27日午前9時からオンラインで第58回定期総会を開催し、50人の評議員の投票を行った。久々に顔を合わせた役員らは、懐かしそうに挨拶を交わした […]
  • 5団体=オンラインで新趣向の新年会=全伯から参加、文化紹介も=「進取の気性で良い新年に」2021年1月14日 5団体=オンラインで新趣向の新年会=全伯から参加、文化紹介も=「進取の気性で良い新年に」  日系5団体による新年会が8日午後7時からオンラインで開催された。司会の上原テリオさんは「右足から素晴らしい新年を始めましょう」、中里クラウジアさんは「昨年は沢山のことを学んだ。良い新年を迎えましょう」と呼びかけた。第1部では式典、第2部では文化紹介を行った。当日は山田 […]