fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける

《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける

 ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》消費者信頼感指数が低下=所得減少や今後への不安が影響2020年10月24日 《ブラジル》消費者信頼感指数が低下=所得減少や今後への不安が影響  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が23日、10月の消費者信頼感指数(ICC)は9月より1ポイント下がって、82・4ポイントとなったと発表した。  信頼感指数は0~200で表し、100を超えると、肯定的な判断をしている事を示す。ICCはコロナ禍で大きく低下したが、 […]
  • 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応2020年10月23日 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応  医療機関が多数存在するサンパウロ市の中でも、一番の目抜き通りのパウリスタ大通りにある桜田クリニックは、患者のニーズに徹底して答えて今年で30周年を迎えた。  桜田クリニック院長、桜田雅美ローザ院長(二世・56歳)は1990年にサンパウロ州立総合大学歯学部を卒業。持ち […]
  • 《ブラジル》工業界の信頼感指数が急向上?=9年間で最高の110ポイントに2020年10月22日 《ブラジル》工業界の信頼感指数が急向上?=9年間で最高の110ポイントに  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が21日に、工業界の企業家を対象とした信頼感指数の予備集計の結果、10月は非常に肯定的といえる110・7ポイントを付けていると発表した。  FGVによると、この数字は、9月の信頼感指数より4ポイント高く、2011月4月に記録した1 […]
  • 世界銀行=ラ米の経済回復遅れると予想=ブラジルのリクスはやや低め?2020年10月20日 世界銀行=ラ米の経済回復遅れると予想=ブラジルのリクスはやや低め?  世界銀行が、ラ米・カリブ海諸国はコロナ禍の影響が大きく、経済活動の回復は遅れるとの見通しを発表したと18日付ブラジル国内サイトが報じた。  ラ米・カリブ海経済委員会(Cepal)によると、今年のラ米・カリブ海地区の国内総生産(GDP)の成長率はマイナス7・9%で、過去最大の […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]