ホーム | コラム | オーリャ! | 自粛中にブラジル初床屋

自粛中にブラジル初床屋

綺麗に刈り上げられた後頭部

綺麗に刈り上げられた後頭部

 サンパウロ州政府が外出自粛を発令し、早くも3カ月が経とうとしている20日土曜。オーリャ子はこの間に伸びた前髪や襟足にイライラしていた。元々短髪で、自粛令以前は月に一回こまめに散髪をしていた。
 コロナ感染が怖かったが、我慢も限界になり自宅近くのブラジル人が経営する散髪屋に初挑戦。ポルトガル語ができないオーリャ子は、希望の髪型の写真を見せた。
 店員は「TODO BEM(わかった)」とだけいいバリカン片手に、ちゅうちょ無く側頭部や後頭部、うなじ辺りの髪をどんどん切り落とす。
 聞くと、この道30年の大ベテランとか。値段は一人15レアルと手頃な価格。自粛中で営業禁止のはずだが、堂々と闇営業しているらしい。
 そんな話をしているうちに、後頭部と耳まわりの髪がある程度切れてさっぱりし、次は前髪と頭頂部。バリカンを置き、刃を変えたカミソリとつげ櫛を手に取る。
 櫛で髪をすくい上げカミソリで「ショリショリショリショリ…」と削ぐように髪を切る。これには思わず、「なんてワイルドな切り方!」と心の中で唸る。
 そして人生初のブラジルでの床屋が終わった。見せた写真よりもかなり短めの出来上がりだったが、値段も安く、それなりに様になっていて満足だった。(淀)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 現場の人達は必死なのに…2020年6月18日 現場の人達は必死なのに…  ジョアン・ドリアサンパウロ州知事が、ブタンタン研究所と中国企業が予防接種ワクチンの治療検査(治検)と生産で提携と発表した。  コロナ禍は「予防接種か特効薬が出来るまで終わらない」とされ、開発プロジェクトは130以上あるが、開発には治験が不可欠だ。ブラジルではイギリス […]
  • 何気ない日常の尊さ2020年6月25日 何気ない日常の尊さ  ブラジル初の新型コロナ感染者確認から早4カ月。ブラジルでは24日朝の時点で5万2788人、世界中では47万4609人という、大きな犠牲者が出ている。  外出自粛などで感染拡大が終息した国、拡大中の国、感染再燃中の国など、実情は各国各様だ。だが、どの国でも共通する事の […]
  • 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査2020年5月29日 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査  「ああ、ついに起こってしまったか」。27日、ボウソナロ大統領を熱烈に支持していることで知られる政治家や活動家、企業家を対象にした連警捜査が行われたと聞いたとき、コラム子は即座に思った。  コラム子にとって印象的だったのは、フェイスブックの新聞や雑誌、ニュースサイトの […]
  • 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力2020年6月11日 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力  コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が始まって以来、コンピューター(CPU)やソフトが違うと作業手順などが全然違うと実感している。  ソフトの差による手順増は会社でもあったが、在宅だと各自のCPUで作業するため、手順の差が大きくなる。自分のCPU(ノートブック)で作っ […]
  • 「限界だ!!」2020年6月16日 「限界だ!!」  新型コロナウイルスの影響により、外出自粛が始まり早くも3カ月弱が経とうとしている。  ある夜、オーリャ子の夢の中では、災禍前の活気溢れるリベルダーデ街の風景が広がっていた。全ての店が開き、カメロー(露天商)も盛大に路上販売をしている。  人通りも多く、少し歩くだけ […]