ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》エイズ治療法確立へ前進か=薬物治療でウイルス除去成功

《ブラジル》エイズ治療法確立へ前進か=薬物治療でウイルス除去成功

HIV検査をする様子(Kássio Pereira/SESA)

 サンパウロ連邦大学 (Unifesp)の研究チームは、2012年にHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染者と診断された35歳のブラジル人患者の体内から、ウイルスを取り除くことに成功したと発表した。第23回国際エイズ会議で7日、発表が行われた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ