ホーム | 日系社会ニュース | 尋ね人=谷川淳三さん

尋ね人=谷川淳三さん

 熊本県在住の谷川テニさんが、10年間音信不通の弟、谷川淳三(あつみ)さんを探している。
 淳三さんは、熊本県人吉市出身で、1960年2月に「ぶらじる丸」でコチアへ移住した。
 消息情報に心当たりのある人は、ブラジル日本語センター理事長の日下野良武さんまで連絡(電話=11・5579・6691)を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第5回>=「難民」との呼び名自体に難点2020年8月8日 「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第5回>=「難民」との呼び名自体に難点 ――そもそも、難民という呼称が偏見につながりやすいと考えられますか? 【ジャン】はい、難民はその名称に苦しめられます。ほとんどの難民は難民と呼ばれることが好きではありません。悪口を言われているようです。それを飲み込みたくないし、そのジャケットを着たくありません。  まるで貧 […]
  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(12)=見るも恐ろしい「森林梅毒」2020年7月22日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(12)=見るも恐ろしい「森林梅毒」  戦前、日本移民の最大の敵はまさにマラリアや森林梅毒、十二指腸虫病、トラコーマ、黄熱病などの感染症だった。  中でもマラリアの次に、戦前の日本移民を悩ませたのが「リーシュマニア症」で、移民は「森林梅毒」と呼んでいた。ポ語では「Leishmaniose」、ポ語通称「ferida […]
  • 在ブラジル日本大使館職員募集のお知らせ2020年7月23日 在ブラジル日本大使館職員募集のお知らせ  日本国外務省は、令和3年2月1日~令和5年1月31日までの在ブラジル日本大使館職員を臨時募集している。常勤の国家公務員として採用後、ブラジル外交・政治分野の担当官として同大使館にて勤務するとのこと。応募資格は以下の通り。 (1)大学卒業又は同等の学歴を有する者。  (2)一 […]
  • 文協の図書館再開、事務局と関連施設は休館延長2020年7月4日 文協の図書館再開、事務局と関連施設は休館延長  ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)はサンパウロ州・市当局によるクアレンテナ(検疫)延長の指示に従い、文協事務局、日本館、日本移民史料館、国士舘スポーツセンターの施設休館を、7月14日まで延長することを発表した。  なお図書館のみ8日(水)から一部サービス限定で […]
  • 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集2020年7月10日 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)は在サンパウロ日本国総領事館と共催で開催する「第16回日伯友情交流絵画展」(橋本マルコス亮委員長)への出品作品をブラジル国内のみならず日本からも募集している。  今回初めての試みとして出展作品をオンラインで11月3日(火)19時から1年間展 […]