ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》成人の42%「消費控える」=パンデミックで意識変化

《ブラジル》成人の42%「消費控える」=パンデミックで意識変化

パンデミック下で買い物をする人(Tânia Rêgo/Agência Brasil)

 消費者行動分析や企業ブランディングなどを行うロコモティバ研究所が、パンデミックと消費行動に関する調査を行ったところ、42%が「今後数カ月の消費を控える」と回答した。これを成人人口に当てはめると6900万人に相当する。20日付エスタード紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》CIATEコラボ会議=「日系人就労者の軌跡と未来」=日系四世のWH制度も(下)2017年10月17日 《ブラジル》CIATEコラボ会議=「日系人就労者の軌跡と未来」=日系四世のWH制度も(下)  8日の会議では訪日就労者に関する研究を行う専門家なども講演した。今会議のためにブラジルに訪問した尾崎正利労働研究所所長は「日本で事業活動を展開する日系ブラジル人就労者の軌跡」の中間発表を行った。      在日ブラジル人就労者の日本における起 […]
  • 一般社会に適応出来るまで回復したと認められ、労働手帳を受け取った元麻薬常習者達と市役所の関係者(Fernando Pereira/ Secom/ PMSP)2014年8月9日 サンパウロ市=元常習者16人に労働手帳=ブラッソス・アベルトスで更生  サンパウロ市が導入した麻薬常習者達の更生プロジェクトの「ブラッソス・アベルトス」参加者16人に、社会復帰への第一歩としての労働手帳が手渡された。 同市市役所で5日に行われたセレモニーには、フェルナンド・ハダジ市長や保健局その他の関係部署の担当者も参加。クラコランジアの元住 […]
  • 東西南北2016年3月9日 東西南北  ジェラウド・アウキミンサンパウロ州知事(PSDB)は7日、サンパウロ州商業協会のイベントで、エル・ニーニョ現象に伴うこの春~夏の豊富な降水量から「水危機は解消した」と言い切った。この席で同知事と隣り合った州内政界の大物のひとり、パウロ・マルフ氏はこの席上で、アウキミン氏の政治 […]
  • 計算上は大丈夫でも…=雨不足、燃料不足に泣く電力2007年12月18日 計算上は大丈夫でも…=雨不足、燃料不足に泣く電力 ニッケイ新聞 2007年12月18日付け  十五日付けエスタード紙が、十二月の発電可能電力は一〇万MWを超えたと報道。十三日の消費量のピークは約六万一〇〇〇MWであったので、供給は需要を満たしていると。 […]
  • コーヒー価格5年ぶりの高値=供給不足で高騰続く見通し2005年2月25日 コーヒー価格5年ぶりの高値=供給不足で高騰続く見通し 2月25日(金)  【エスタード・デ・サンパウロ紙十八日】コーヒー価格が今週、ニューヨーク先物取引所で五年振りの高値をつけたことでコーヒー業者は活気を呈している。 […]