ホーム | ブラジル国内ニュース | ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献

■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献

演奏するセルジオ・リカルド(2012年、Mídia promocional do programa Musicograma (TV Brasil)/CC BY 3.0 BR)

 ボサノバや映画のシネマ・ノーヴォに貢献したことで知られる歌手、作曲家のセルジオ・リカルドが23日、入院先のリオの病院で亡くなった。88歳だった。
 1932年にサンパウロ州内陸部マリリアで生まれたセルジオは8歳から音楽を学びはじめ、1950年にリオに移り音楽活動を開始。1960年のボサノバ・ブームの頃にアルバム「ア・ボサノバ・ロマンチカ」でデビュー。ヒット曲「ゼロン」「ポント・デ・パルチーダ」もこの頃に生んだ。

 1962年にはジョアン・ジルベルトやアントニオ・カルロス・ジョビンらとニューヨークのカーネギー・ホールで公演を行い、67年には、カエターノ・ヴェローゾらを輩出した人気音楽番組「ムジカ・ポプラール・ブラジレイロ(MPB)」でギターを叩き割るパフォーマンスで話題を呼んだ。
 また、伯国の映画史を代表する文化運動「シネマ・ノーヴォ」にも加わり、グラウベル・ロシャ監督の代表作「黒い神と白い悪魔」「狂乱の大地」で音楽も担当した。
 その後も旺盛に活動を続け、80歳を超えても健在だったが、新型コロナウイルスに感染した。家族によるとコロナそのものは克服したが、心臓を弱らせて亡くなったという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2017ブラジル音楽白書・前=サンバはリオでしか聴かれない? ブラジル国内での音楽の聴かれ方を分布図で表すと?2017年12月21日 2017ブラジル音楽白書・前=サンバはリオでしか聴かれない? ブラジル国内での音楽の聴かれ方を分布図で表すと?  「サンバはリオでしか聴かれない」「セルタネージャは都会では聴かれない」。ブラジルで生活していて、なんとなく耳にしていた話がこのたびデータとして裏づけを持って証明された。  15日付フォーリャ紙は、ブラジル国民がユーチューブやスポティファイなどのデジタル音楽視聴媒体を […]
  • レナト・ルッソの大展示会開催=ブラジル音楽史上最大のロックスター2017年9月6日 レナト・ルッソの大展示会開催=ブラジル音楽史上最大のロックスター  6日より、サンパウロ市の美術館・博物館で現在最も人気のあるサンパウロ音声映像博物館(MIS)で、ブラジルが生んだ最大のロックスターで、ロックバンド、レジオン・ウルバーナの中心人物レナト・ルッソの大展示会が開催される。  MISといえばこれまで、ロックスターのデヴィッド・ボウ […]
  • 東西南北2020年6月9日 東西南北  ボウソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼す […]
  • 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー2020年4月14日 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー  ブラジル音楽界を代表するミュージシャンの一人で、バンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー、モラエス・モレイラが13日、心不全によって死去した。72歳だった。  モレイラが亡くなったのは13日の午前6時頃と考えられている。彼はリオ市ガヴェア地区にある自宅でひとり暮ら […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]