ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》検察庁長官が「LJ捜査をやり過ぎ」批判=「今こそ正常に戻すべき」?!=自らの長官指名も正当化

《ブラジル》検察庁長官が「LJ捜査をやり過ぎ」批判=「今こそ正常に戻すべき」?!=自らの長官指名も正当化

アラス長官(Roberto Jayme/Agencia Brasil)

 連邦検察庁のアウグスト・アラス長官が、「ラヴァ・ジャット(LJ)作戦」を管轄するパラナ州連邦検察局が今までやり過ぎていたと批判し、「そろそろ正常に戻すべきだ」と発言して大きな波紋を呼んでいる。29日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ