ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》マラニョン州で一部授業再開=感染者の減少受け慎重に

《ブラジル》マラニョン州で一部授業再開=感染者の減少受け慎重に

 北部マラニョン州で3日、一部ではありながらも学校での授業が再開しはじめた。同日付現地サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 山口県人会の義捐金=日本祭の利益も母県へ2009年8月20日 山口県人会の義捐金=日本祭の利益も母県へ ニッケイ新聞 2009年8月20日付け  【既報関連】先月の中国・北九州集中豪雨で被害を受けた母県への義捐金を呼びかけている山口県人会に、着々とコロニアからの善意が届いている。 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(98)2014年3月14日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(98) ニッケイ新聞 2014年2月14日 「私の祖先は江戸時代からずっとお寺の住職です」 「じゃー、中嶋さんもお寺の住職ですね?」 「自動的には、・・・、そうです。ですが、それに疑問を持ちまして・・・」 「疑問?」 「ええ、私と一緒に修行していたサラリーマンあがりの立派な方がいて、 […]
  • H1N1の死者71人に=3カ月で15年の2倍に2016年4月6日 H1N1の死者71人に=3カ月で15年の2倍に  【既報関連】保健省が4日、09年に流行った豚インフルエンザ(H1N1、A型インフルエンザの一種)が猛威を振るい、今年の死者は71人に達したと発表したと5日付伯字紙が報じた。 感染病予防課のクラウジオ・マイエロヴィッチ氏によれば、H1N1は国内で確認された他のA型インフル(H3 […]
  • 大耳小耳2014年9月17日 大耳小耳  福井県で研修を受けたパティシエの和久田ヴィヴィアンさんは、「お年寄りばかりでなんだか可哀想」と、同県人会の活動にも参加する。日本祭りではヤキソバ販売に協力、父母の日にはケーキを作ってプレゼントしたとか。そんな彼女は現在、雑誌「ヴェージャ」の菓子部門コンクールに出場中で、コ […]
  • 100周年「箱モノ」プラン(3)=サンパウロ日本館17階ビル2004年4月2日 100周年「箱モノ」プラン(3)=サンパウロ日本館17階ビル 4月2日(金) […]