ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》マラニョン州で一部授業再開=感染者の減少受け慎重に

《ブラジル》マラニョン州で一部授業再開=感染者の減少受け慎重に

 北部マラニョン州で3日、一部ではありながらも学校での授業が再開しはじめた。同日付現地サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月19日 本紙への寄付者芳名  ブラジル沖縄県人会婦人部連合会、ブラジル沖縄県人会の具志堅シゲ子理事、ブラジル沖縄県人会の協和婦人会、西川渥(にしかわ […]
  • 愛知県人会コンサート=オペラ、発声法も習える!=9日2011年7月6日 愛知県人会コンサート=オペラ、発声法も習える!=9日 ニッケイ新聞 2011年7月6日付け  愛知県人会(豊田瑠美会長)、サンパウロ・フィルハーモニー室内楽団(山川健一代表)共催で行なう『第19回愛知県人会コンサート』が9日午後3時から、同県人会館大サロン(Rua Santa Luzia 74, […]
  • 来社した斉藤会長2015年2月11日 そろばんを教えたい人に=珠算連盟が講習会開催  ブラジル珠算連盟(斉藤良美会長)は「そろばん講習会」を今月28日と3月1日(両日とも午前10時〜午後5時)、Centro Cultural e Social de Sao Paulo(Rua Pelotas, 385, V. […]
  • 路上でチョコ売り学費を稼ぐ=医学部目指すカヴァルカンチさん2016年3月8日 路上でチョコ売り学費を稼ぐ=医学部目指すカヴァルカンチさん  サンパウロ州沿岸の都市サントスで、信号待ちの車にチョコレートを売る男性がインターネット上で話題になっている。 ファビオ・カヴァルカンチさん(24)はことさらに生活が苦しいわけではないが、医学部に通う夢をかなえるため、サントス市サンヴィセンテ区の路上で見知らぬ人に助けを求める事 […]
  • 大耳小耳2015年5月30日 大耳小耳  日系の各種イベントも議員割り当て金が見込めないことから開催可否が再検討されているが、連邦政府は緊縮財政に加え、免税を取りやめるなどして実質的に増税を図っている。そのあおりで6月祭の季節だが、今年は例年以上に〃重苦しい祭り〃になりそうだ。サンパウロ商業協会(ACSP)は、同 […]