ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》樹海=セントロン復活と追い詰められたゲデス経済相

《記者コラム》樹海=セントロン復活と追い詰められたゲデス経済相

ゲデス経済相(Foto: Alan Santos/PR)

 ボルソナロ大統領のイデオロギー路線は完全に行き詰まった。その象徴が、極右思想のアブラアン・ウェイントラウビ氏が6月に教育相を解任されたと同時に“米国逃亡”を図ったことだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ