ホーム | 日系社会ニュース | 長崎県人会=「75年長崎平和への願い」=ポ語字幕付、初動画配信

長崎県人会=「75年長崎平和への願い」=ポ語字幕付、初動画配信

ユーチューブチャンネル画像

ユーチューブチャンネル画像

 ブラジル長崎県人会(森繁親会長)は20日19時30分から、長崎被爆75周年を記念した「75年長崎平和への願い(75 anos Esperança de Paz em Nagasaki)」をユーチューブ上で動画配信することを決定した。
 これは、2019年の長崎平和祈念式典での県知事と市長のスピーチ、2020年の安倍晋三総理のスピーチ、その他には長崎の原爆を題材にした紙芝居「瞳の中の子どもたち」の朗読、藤山一郎「長崎の鐘」の歌唱映像、ブラジル被爆者協会会長森田隆さんによるメッセージ、同県人会の活動写真などが含まれた約1時間の映像で、全てポルトガル語字幕付き。
 同県人会前会長の川添博さん(長崎県、72歳)は、「長崎に原爆投下された8月9日近辺に、県人会では毎年慰霊ミサを行っていますが、今年は新型コロナの影響でできませんでした。何とか別の方法で続けることはできないかと思い、初の動画配信を試みることに決まりました。この動画をみて、長崎の歴史的事実を思い出してもらいたい。大事な日を忘れないこと、また知らなかった人には認知してもらい、平和運動を続けることができればと考えています」と意気込みを語る。
 同県人会による「75年長崎平和への願い(75 anos Esperança de Paz em Nagasaki)」は、ブラジル時間8月20日19時30分より開始。動画視聴はユーチューブ(https://www.youtube.com/watch?v=wXjGI1d0rrs)で。子や孫と一緒に視聴するのも一興かも。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ