ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ禍で電商取引が急増=ヴァーチャル店舗は40%増加

《ブラジル》コロナ禍で電商取引が急増=ヴァーチャル店舗は40%増加

パソコンやタブレットの普及も電商取引やヴァーチャル店舗の増加を後押ししている(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)

 ペイパル・ブラジルとビッグデータ・コープが行った調査によると、2020年はヴァーチャル店舗が昨年比40・7%増え、130万軒に達している。昨年の店舗数は前年比37・6%増だったから、今年は既に、昨年1年間の増加率を超えた事になる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ