ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル大統領選=出馬候補に160件の裁判沙汰=収賄や名誉毀損まで様々=1位は70超のシロ・ゴメス=ほとんどが疑惑を否定

ブラジル大統領選=出馬候補に160件の裁判沙汰=収賄や名誉毀損まで様々=1位は70超のシロ・ゴメス=ほとんどが疑惑を否定

シロ・ゴメス氏(左)とルーラ元大統領(右)(Ricardo Stuckert/Instituto Lula)

シロ・ゴメス氏(左)とルーラ元大統領(右)(Ricardo Stuckert/Instituto Lula)

 【既報関連】今年10月の大統領選へ出馬する可能性がある20人の政治家の内、少なくとも15人が関わっている係争案件や捜査、告発の件数は計160件を超していると、22日付現地紙が報じた。

 15人への嫌疑は、大型汚職捜査ラヴァ・ジャット(LJ)作戦などに関連する収賄から、交通違反や暴言による名誉毀損まで千差万別。捜査の進捗具合も、捜査中、告発、告発受理で被告人となり裁判中、有罪判決、控訴中、服役中などと様々だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ