ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州知事選決選投票=ドリアとフランサ互角に=現状で52%対48%

サンパウロ州知事選決選投票=ドリアとフランサ互角に=現状で52%対48%

 17日、サンパウロ州知事選に関するイボッピ(ブラジル世論調査・統計機関)の世論調査が発表され、前サンパウロ市市長のジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)と現知事のマルシオ・フランサ氏(ブラジル社会党・PSB)がほぼ互角になっていることがわかった。18日付現地紙が報じている。
 一次投票の時点でのドリア氏の得票率は31・77%で、21・53%だったフランサ氏を大きく上回っていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ