ホーム | 日系社会ニュース | 勝重さんが仲間紹介する新著=『弓場農場 輝かしき開拓者』

勝重さんが仲間紹介する新著=『弓場農場 輝かしき開拓者』

書籍の表紙

書籍の表紙

 弓場農場の創設者である弓場勇さんの娘、弓場勝重(ゆば・かつえ)さんが『ブラジルの弓場農場・輝かしき開拓者』を出版した。ページ数は103頁で、日本語とポルトガル語で書かれている。
 毎年『クリスマスの集い』でバレエやクラシック演奏、演劇などの公演でおなじみの弓場農場は、1935年に「ブラジルの処女地に新しい文化の創造を」の志を掲げて弓場勇さんと7人の有志により創立された。
 弓場勇さんは「祈ること、土と共にあること、芸術すること」を基本にコミュニティを立ち上げ、今もなお様々な文化活動が行われている。
 弓場勇を支えながらコミュニティの欠かせない土台を築いた21人について、勝重さんの目から見た姿が具体的な思い出と共に語られている。
 今本武士(たけし)さんの節では、仕事の休み時間に自分の部屋に子供たちを集めて、絵本を読み聞かせていた風景が次のように語られる。
 《そこには一つの花が咲いたように子供の笑顔があるのです。読んでいる声が大きいので、食堂のすぐ近くにあった部屋から、その声が聞こえてきて、私たちもその話を楽しんでいました。のどかな弓場の風景が、ゆったりと本を読んでいるタケちゃんの声と溶け合うのです》
 勝重さんの似顔絵と温かい文章により、人物像が鮮やかに浮び上がり、弓場の空気や生活も感じられる1冊となっている。
 価格は40レアル。本紙の社長秘書室(マリアさん、11・3340・6060)、太陽堂(11・3208・6588)、竹内書店(11・3104・3399)、高野書店(11・3209・3313)などで購入できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年9月29日 大耳小耳  沖縄県公式HPの「海外沖縄県人会名簿」によると、その数は88団体に上り、欧州、オセアニア、アフリカにまで及んでいる。移住者の多かった北米では子弟たちが中心となり、なんと53団体が結成されている。興味深いことにブラジルは名簿上、県人会本部とカンポ・グランデ支部の2団体のみ。北 […]
  • マニア待望の希少種も=夏のラン展が3日から2004年11月30日 マニア待望の希少種も=夏のラン展が3日から 11月30日(火) […]
  • 《ブラジル》大統領選=福音派支持頼みの候補者たち=今や国民の3分の1弱の勢力=指導者の一声で逆転狙う=ボルソナロも宗教票狙い2018年5月1日 《ブラジル》大統領選=福音派支持頼みの候補者たち=今や国民の3分の1弱の勢力=指導者の一声で逆転狙う=ボルソナロも宗教票狙い  10月の大統領選を前に、「隠れた大票田」と目され始めている福音派の支持を巡る動きが活発化。特に、現時点での支持率が高くない候補者らが、福音派の信者を後ろ盾として逆転を狙っていると、4月29日付現地紙が報じている。  ブラジル世論調査・統計機関(Ibope)の調査によ […]
  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第111回2013年7月31日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第111回 ニッケイ新聞 2013年7月6日 「明日から朝食は私たちと一緒にこっちの部屋で摂ればいい。用意ができたらドアをノックするから出てきて食べるように。昼食はこの容器に入れて用意してあげるから、それを会社に持って行きなさい。夜はあなたの部屋に用意しておくから、夜間中学から帰ってきたら […]
  • 響ファミリー今年も大好評=笑いあり感動ありの2時間半2016年8月13日 響ファミリー今年も大好評=笑いあり感動ありの2時間半  大衆演劇団「響ファミリー」(響彬斗座長)と若手日本舞踊団「優美」&太鼓集団「喜楽」、訪日経験を持つブラジル人有名バンド「オス・インクリーヴェイス」の慈善ショー「平和は可能だ」が6、7日に公演された。 サンタクルス病院、日伯青年会議所、ブラジル青年会議所が共催する「平和は可能だ […]