ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日からとなる。サンパウロ市では、90歳以上、85~89歳の接種も開始が繰り上げられた。普段、いろいろな予定が遅れるのが当たり前のブラジル社会であることを考えると、このスケジュールの消化ぶりは立派だ。ただ、サンパウロ市は人口1千万人を超える大都市。全市民が年内に接種を終えるにはむしろペースをあげていかなければならない。
     ◎
 現在もリオ州ニテロイの軍警特別刑務所に勾留されているダニエル・シルヴェイラ下議に、ブラジル労働党(PTB)のロベルト・ジェフェルソン党首が面会に行き、話題を呼んでいる。同下議の出所後の移籍先としてPTBへと持ちかけるのが目的だったとか。かつて連邦議会のメンサロンを暴露し、同事件で実刑も受けたことで知られるジェフェルソン氏。ただでさえイメージは良くないが、この移籍話はシルヴェイラ氏とPTBにとって良いことなのか。
     ◎
 全国選手権が終わったばかりのサッカーだが、27日、ブラジル杯の決勝第1戦、グレミオ対パルメイラス戦がポルト・アレグレで行われる。優勝すれば次回のリベルタドーレス杯進出権が与えられるが、パルメイラスは前回の同杯優勝、グレミオは全国選手権6位で既に出場権を獲得済み。その意味では盛り上がりに欠けてしまうかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]
  • 東西南北2021年4月14日 東西南北  世界的な権威のある英国の医学誌「ランセット」が11日に発表したところによると、コロナバックの効果は間隔を開けて接種した方が高いことがわかった。コロナバックは「1回目と2回目の接種の間隔は14日から28日」が推奨されているが、昨年12月から今年1月にかけて行われた調査によると、 […]
  • 東西南北2021年4月9日 東西南北  昨日付でも報じたように、サンパウロ州はワッツアップと組んで、コロナワクチン接種のための事前登録を受け付けている。7日の発表後、既にかなりの人が事前登録を行ったようだ。ワッツアップを利用したい人は、「+551195220-2923」に「Oi(こんにちは)」と書いて送ると、A接種 […]