ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ソニーがマナウス工場閉鎖へ=TV等販売も来年半ばまで

《ブラジル》ソニーがマナウス工場閉鎖へ=TV等販売も来年半ばまで

 ソニーが14日、アマゾナス州マナウス市にある工場を2021年に閉鎖する意向である事を小売業者に伝えたと15日付G1サイトが報じた。
 14日付の文書によると、マナウス工場での電気電子製品の製造は、21年3月末日をもって終了する。テレビやオーディオ機器、デジタルカメラの販売や配布も21年半ばで終了する予定だという。
 ただし、法令に従った製品への保証や保守サービスは従来通りに継続する。プレイステーションなどのゲーム類の輸入・販売や、音楽・映像に関するサービスもこれまでに通り行われる。

 マナウス工場の従業員220人は、工場が閉鎖された時点で全員が解雇される。
 ソニーはブラジルで48年間活動してきたが、電気電子製品に関する動きは変化が激しく、今回の決断となったようだ。同社は2019年にも世界的な販売低下を理由に、ブラジルを含む中南米諸国や中東諸国での携帯電話の販売を停止している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 刊行物2007年2月17日 刊行物 2007年2月17日付け  『親睦』二月号(通巻四百六十五号)が発行された。扉「一句集」(第四百六十一号より一句「秋近し秤に乗せる我が命」都家子)、「選句と感想」伊藤東陸選から一句「秋近しひねもす鳴いた小鳥いずこ」(美佐子)、ほか。 […]
  • サルバドールの新しい名物になりそうなヴェロ・タクシー(Prefeitura de Salvador)2014年7月16日 自然に優しい3輪タクシー=サルバドール市で試験運行  W杯の会場都市ともなったバイア州サルバドール市で、ヴェロ・タクシーと呼ばれる新型のタクシーが導入された。 フランス製のヴェロ・タクシーは人力でこぐ3輪車に屋根をつけた小型タクシーで、荷重は最大170キロまで。最初の内は、トメー広場とペロウリーニョ間など、歴史的な建造物 […]
  • ゼツリーナ=3百人で盆踊り賑わい=6月には百周年式典も2008年9月27日 ゼツリーナ=3百人で盆踊り賑わい=6月には百周年式典も ニッケイ新聞 2008年9月27日付け  ゼツリーナ日本人会(池原明徳会長)は、長らく中断していた盆踊り大会を昨年より再開し、「第三回盆踊り大会」を二十日、同会館で開催した。 […]
  • 福島県人会、県費留学生を募集2007年8月14日 福島県人会、県費留学生を募集 2007年8月14日付け […]
  • 大耳小耳2015年2月11日 大耳小耳  「ジーコがアギアの大使としてサンパウロ市カーニバルに初参加」の発表記者会見でのこと。「パレードに招聘された事に喜びと感謝を感じる」と述べた後、「アギアの優勝に貢献したい。私は常にトップを目指す。優勝を望まずに参加する者はいない」と語った。日本で口を酸っぱくして周りの選手達 […]