ホーム | 日系社会ニュース | 文協統合フォーラム19日=山田大使ら招待、オンラインで

文協統合フォーラム19日=山田大使ら招待、オンラインで

第12回統合フォーラム開催告知画像(文協サイトより)

第12回統合フォーラム開催告知画像(文協サイトより)

 ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は19日(土)18時から「第12回文協統合フォーラム」(パトリシア・タケハナ実行委員長)をオンラインで開催する。イベントは「日系:パンデミックへの挑戦」をテーマに文協のユーチューブとフェイスブックで配信される。
 ゲストには山田彰在ブラジル日本国大使や、在日アルゼンチン日系二世でJICA日系研修員オリエンテーション講師としても活躍する松本アルベルトさんが出演する。
 文協統合フォーラム(FIB)は、ブラジル国内の日系社会のモチベーションを高めるために、日系団体の代表や次世代のリーダーとなる人で意見交換を行っていく。
 タケハナ実行委員長は「思索を促し、各団体の経験を交換することで、パンデミックが過ぎた時に日系社会がより強化される機会になればと思います」と語る。
 宮坂国人財団協賛のもとブラジル日本大使館、在聖日本国総領事館、ブラジル日本都道府県人会連合会、SBGC、Murc Editora Gráfica、文協青年部、JICA、Abeuni(サンパウロ学生福祉連盟)、アセベックス(日本元研修生留学生協会)、外務省研修生OB会、ブラジル日本青年会議所(JCI)、JICAブラジル事務所。未来アカデミー青年連盟(Liga Seinen e Academia do Futuro)
 イベント中継はユーチューブやフェイスブックで見られる。
▼ユーチューブ(www.youtube.com/bunkyodigital)
▼ フェイスブック(www.facebook.com/bunkyodigital)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4>2020年10月15日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4> アジアを股にかけるネパール商人  「日本の商品はオリジナルで、品質に保証があります。また、日本人は言うことが二転三転せず、約束を守るのでとても信頼できます」と語るのは、ネパール人ラン・ハリ・サプコタさん(38、ヌワコット生まれ)。  大学卒業後、マレーシアで約10年 […]
  • 東西南北2020年10月2日 東西南北  1日のネットは、コロナ検査キット用献金が、ミシェレ大統領夫人が代表の政府プログラムにこっそり回されていた報道で湧いた。これで「ミシェキ」のあだ名が再び盛り上がっている。このあだ名は、同夫人がラシャジーニャ疑惑の渦中にあるファブリシオ・ケイロス容疑者から謎の小切手(シェッキ)を […]
  • 120周年迎えた中国人移民=8月15日に内輪での晩餐会=コロナ禍の中、貿易の支え手に2020年10月2日 120周年迎えた中国人移民=8月15日に内輪での晩餐会=コロナ禍の中、貿易の支え手に  新型コロナウイルスの感染拡大により、日本祭りのようにキャンセルされたり延期されたりしたイベントが今年はたくさんある。規模が縮小したと思われる行事の中には、中国人移民120周年を記念するイベントがある。  ブラジルに最初の中国人移民が到着したのは、1900年8月15日とされて […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]