ホーム | 日系社会ニュース | 「中南米日系社会とともに歩む」=JICA広報誌mundi

「中南米日系社会とともに歩む」=JICA広報誌mundi

ムンディ10月号表紙

ムンディ10月号表紙

 独立行政法人国際協力機構(JICA)が毎月発行する広報誌『mundi(ムンディ)』10月号(22ページ)が発刊された。今号は「中南米 日系社会とともに歩む」特集で、様々な角度から南米と日本の関係を、日系社会を軸に紹介している。
 北米・南米を中心に推定360万人以上いるという海外移住者や日系人。そのうちの約213万人は中南米にいるという。冒頭では日系人移住の歴史を解説すると共に、中南米諸国の日系人数を南米大陸地図上に配置し紹介している。
 同誌10頁では『移民の歴史を未来に伝える』取り組みとしてサンパウロ市のブラジル日本移民史料館や、横浜市のJICA横浜海外移住資料館を紹介。当地の移民史料館に関しては、山下ジリア玲子運営委員長が取材に応じている。
 この他、サンタクルス病院(石川レナト理事長)の和食の普及と社会全体への健康増進を進めるプロジェクトを紹介。プロジェクトが生まれるきっかけとなった伯国内の日系病院が参加する「日系病院連携協議会」を取り上げている。
 プロローグにはサッカー解説者のセルジオ越後さんが寄稿。同氏が仕事で二カ国を行き来する中で「互いの国がよりよく近づくためにはどうしたらよいか」という胸のうちを二つのアイデンティティを持つ日系人の視点で綴っている。
 広報誌はJICAホームページ上でPDFが公開されており、誰でも無料で読める。(https://www.jica.go.jp/publication/mundi/index.html)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • コロニア10大ニュース=1位はアマゾン移住90周年=平成から令和へ日系社会も祝賀2019年12月27日 コロニア10大ニュース=1位はアマゾン移住90周年=平成から令和へ日系社会も祝賀  今年の日系社会で大きな節目だったのは、アマゾン日本人移住90周年だ。現地からの声を、今年後半、本紙ではできる限り紙面に掲載した。9位にある通り、県人会や各日系団体の周年行事も多かった。6位の「日本語教育推進法」は新年から実施され、その効果の程がいよいよ判明する。母県から助けて […]
  • 県連日本祭り=19万2千人が来場し盛況=「思ったより料理売れない」=各県人会から不安の声上がる2019年7月9日 県連日本祭り=19万2千人が来場し盛況=「思ったより料理売れない」=各県人会から不安の声上がる  海外では世界最大級の規模を誇る「日本祭り」が第22回目を迎え、5、6、7日にサンパウロ市南部のサンパウロEXPOで開催された。怒涛の3日間、会場では各県人会の青年や婦人部が一丸となって働く姿が目に付き、来場者は19万2千人(主催者発表)と活気を見せていた。その一方、郷 […]
  • 五輪と日系社会=医療支援に宿舎確保=邦人観戦「支えたい」2016年7月27日 五輪と日系社会=医療支援に宿舎確保=邦人観戦「支えたい」  【サンパウロ、リオデジャネイロ共同=遠藤幹宜、渡辺雅弘】リオデジャネイロ五輪開幕が間近に迫ってきた。劣悪な治安、ジカ熱、準備遅れ…。不安要素ばかり指摘される中、ブラジルにある海外最大の日系社会は「祖先の故郷から来る同胞を支えたい」との熱い思いを胸に、日本人観戦客の受け入れ準備 […]
  • 選手、観戦者の安全確保へ=サンパウロ市で五輪受け入れ組織始動2016年5月3日 選手、観戦者の安全確保へ=サンパウロ市で五輪受け入れ組織始動  在サンパウロ総領事館が中心となって先月22日午後、リオ五輪サンパウロ連絡協議会が発足した。期間中の来伯邦人受け入れなどについて、各日系団体の代表15人と中前隆博総領事らが話し合った。 3月上旬にはリオで、サンパウロの母体となる官民合同組織が第1回会合を行なった。それを受けた今 […]