ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第59話

中島宏著『クリスト・レイ』第59話

 ただ、日本人移民の場合は、文化性や言語、あるいは人種というものの隔たりが大きなものであった分、その障害物を超えるのに、それなりの時間がかかり、それなりの苦難が伴ったことは事実であろう。
 もっとも、ブラジル人であるマルコスにとっては、その辺りのことは直接見えるものでもなく、その内面を感じ取ることも不可能であった。日本人の持つ特殊性という点には気付いても、それがどこから来るものであるかということまでは想像できない。そこまで理解できるようになるには、彼は日本語をさらに勉強するだけでなく、もっと日本人との付き合いをも深めなければならないことになる。
 ただ、少々厄介なのは、見かけ上は何でもない日本人移民の社会だが、そこには目に見えない壁のようなものが存在するという点であった。マルコスがこのゴンザーガ区の日本人たちと付き合って、いわゆる親しい友人であるアミーゴとなっても、そこでは、彼はいつまでもガイジンという枠からは出られないというような雰囲気が常につきまとった。それは特に、男女の間の問題に強く表れるという傾向を持っていた。そして、当然それは、マルコスとアヤとの付き合いにも微妙な影響を与えることにもなっていった。
 無論、アヤはそのような意識を持つタイプではないから、まったく問題ないのだが、周りの者たちが二人の付き合いに対して抵抗を示すという空気が生まれつつあった。マルコスはアヤに対して、一度も個人的な心情を明かしたことはないし、間接的にせよそのような話題を口にしたことはない。アヤの方も今まで、そういう気配すら見せたことがない。
 むしろこの場合、マルコスの方が少々期待外れという感が強く、その辺りを確認したいという思いが強いのだが、アヤは一向にそれに気付いた素振りは見せない。あるいは彼女は、そういう日本人社会のことをいつも念頭に置いてマルコスと交際しているのかもしれない。不必要なうわさを立てられないためにも、一種の防御手段というふうに考えられないでもない。
 しかし、アヤは彼女の方から一切、そのような話に触れようとはしなかった。その点に関しては、アヤの方がマルコスより用心深く、世の中のことがもっと分かっているということなのかもしれなかった。
 とにかく、マルコスとアヤのデートは続いていったが、少なくとも表面上はそのことが、恋愛感情に昇華していく気配を見せることはなかった。もっとも、そうだからといって、マルコスのアヤに対する慕情が弱まっていくということにはならなかったから、彼にとってそれは、酷な状況とさえ言えたであろう。 
 そのような感情を抑えつつ、マルコスはアヤとのデートを重ねていったのだが、しかしそれは決して無駄に時間を消費するということではなかった。彼の中にある感情は凍結するようにして心の奥に仕舞い込み、話題をもっと現実的な問題や、これからの人生に関する問題に焦点を合わせていった。
 そういう形で、アヤの持っている考え方を知ることも、これはこれで結構、興奮を覚えるものでもあったし、ある意味でそれは、アヤの内面の一部に入り込むことに通じるものでもあった。そして、そのことがマルコスにとって、大きな満足感を得られる結果ともなっていった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第123話2021年3月3日 中島宏著『クリスト・レイ』第123話  そりゃあ,外国人の多くが怠け者で、問題ばかりを起こすのだったら、考えなければならないでしょうけど、でも、現実は決してそうじゃないでしょう。ナショナリズムも分からないことはないけど、ブラジルのことを考えるとまだ外国人を規制するのは早いのじゃないかしら。もちろん、最近は世界の情勢 […]
  • NHK=「ワタシたちはガイジンじゃない!」=ブラジルでも11日視聴可能2021年2月10日 NHK=「ワタシたちはガイジンじゃない!」=ブラジルでも11日視聴可能  【既報関連】旧年12月に日本のNHK・BS1で放送された「ワタシたちはガイジンじゃない!」が、ブラジルでも視聴可能なNHK国際放送(ワールドプレミアム)で11日10時20分~11時33分まで放送される。  この番組は名古屋市内の団地で長期密着を行い、愛知、静岡、岐阜 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第115話2021年1月29日 中島宏著『クリスト・レイ』第115話 「それがつまり、伝統と文化から生まれてきたものと考えるわけね。この場合は、文化や習慣というものが、必ずしも文明の邪魔をするものではないということなのね。なるほど、そういう見方もあるわけね。やはり、こういうことはマルコスのように、外部の人間から見ることによって焦点がはっきりしてく […]
  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]
  • NHK・BS1=日系ブラジル人の30年=イッセー尾形と宮藤官九朗2020年12月29日 NHK・BS1=日系ブラジル人の30年=イッセー尾形と宮藤官九朗  29日(火)NHK・BS1で「ワタシたちはガイジンじゃない!」が日本時間午後9時から午後10時49分まで放送される。1990年に入管法改正により、多くの日系外国人が労働者として来日。夢を抱き日本にやって来たブラジル人青年の30年間を芝居とドキュメンタリーを交え描く。 […]