ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第59話

中島宏著『クリスト・レイ』第59話

 ただ、日本人移民の場合は、文化性や言語、あるいは人種というものの隔たりが大きなものであった分、その障害物を超えるのに、それなりの時間がかかり、それなりの苦難が伴ったことは事実であろう。
 もっとも、ブラジル人であるマルコスにとっては、その辺りのことは直接見えるものでもなく、その内面を感じ取ることも不可能であった。日本人の持つ特殊性という点には気付いても、それがどこから来るものであるかということまでは想像できない。そこまで理解できるようになるには、彼は日本語をさらに勉強するだけでなく、もっと日本人との付き合いをも深めなければならないことになる。
 ただ、少々厄介なのは、見かけ上は何でもない日本人移民の社会だが、そこには目に見えない壁のようなものが存在するという点であった。マルコスがこのゴンザーガ区の日本人たちと付き合って、いわゆる親しい友人であるアミーゴとなっても、そこでは、彼はいつまでもガイジンという枠からは出られないというような雰囲気が常につきまとった。それは特に、男女の間の問題に強く表れるという傾向を持っていた。そして、当然それは、マルコスとアヤとの付き合いにも微妙な影響を与えることにもなっていった。
 無論、アヤはそのような意識を持つタイプではないから、まったく問題ないのだが、周りの者たちが二人の付き合いに対して抵抗を示すという空気が生まれつつあった。マルコスはアヤに対して、一度も個人的な心情を明かしたことはないし、間接的にせよそのような話題を口にしたことはない。アヤの方も今まで、そういう気配すら見せたことがない。
 むしろこの場合、マルコスの方が少々期待外れという感が強く、その辺りを確認したいという思いが強いのだが、アヤは一向にそれに気付いた素振りは見せない。あるいは彼女は、そういう日本人社会のことをいつも念頭に置いてマルコスと交際しているのかもしれない。不必要なうわさを立てられないためにも、一種の防御手段というふうに考えられないでもない。
 しかし、アヤは彼女の方から一切、そのような話に触れようとはしなかった。その点に関しては、アヤの方がマルコスより用心深く、世の中のことがもっと分かっているということなのかもしれなかった。
 とにかく、マルコスとアヤのデートは続いていったが、少なくとも表面上はそのことが、恋愛感情に昇華していく気配を見せることはなかった。もっとも、そうだからといって、マルコスのアヤに対する慕情が弱まっていくということにはならなかったから、彼にとってそれは、酷な状況とさえ言えたであろう。 
 そのような感情を抑えつつ、マルコスはアヤとのデートを重ねていったのだが、しかしそれは決して無駄に時間を消費するということではなかった。彼の中にある感情は凍結するようにして心の奥に仕舞い込み、話題をもっと現実的な問題や、これからの人生に関する問題に焦点を合わせていった。
 そういう形で、アヤの持っている考え方を知ることも、これはこれで結構、興奮を覚えるものでもあったし、ある意味でそれは、アヤの内面の一部に入り込むことに通じるものでもあった。そして、そのことがマルコスにとって、大きな満足感を得られる結果ともなっていった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第58話2020年10月16日 中島宏著『クリスト・レイ』第58話 「しかし、それはおかしいではないか。自分はブラジル人で、ここはブラジルなんだから、決して外国人というわけではない。外国人ということであれば、ここにいる日本人移民の人たちこそみんな、ガイジンと呼ぶべきだろう」と言うと、 「いや、それでも俺たちにとって、お前はガイジンなんだ」とい […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第57話2020年10月15日 中島宏著『クリスト・レイ』第57話  正式に移民としてやって来る、世界中の人々に対して同じ機会を与え、同じ保証を与えるという点においては、この国は誠に大国の度量を備えているといっていい。  ただ、まったく違った国からやって来る以上、最初の期間は彼らだけの集団の中で生活するのは当然であり問題もないのだが、しかし、 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(261)2020年5月29日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(261)  ジュンジあるいはジュンとよばれていたジョージはサンパウロ大学工学部に入学したばかりだった。入学の試験勉強に影響を及ぼさないよう、父親の病気が重いことをだれも彼に明かさなかった。  3人はすでに結婚していた。セーキはアパレシーダ・カンヂダ・デ・モラエスと結婚し、セルジオという […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(119)2019年7月2日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(119)  ブラジル人やヨーロッパ系の移民が正輝や日本移民に使う「ジャポン」というよび方が、今までより政治的差別語としての意味あいを増してきた。わざと日本移民の発音をまねた「ジャポン」といういい方が皮肉、軽視、軽蔑を表していた。自分たちとはちがった人間、人種、一段下の階級に属するというほ […]