ホーム | Free | 「ソサエティ5・0」15日=資生堂取締役の石倉氏が講演=伯国グーグル社長も登壇

「ソサエティ5・0」15日=資生堂取締役の石倉氏が講演=伯国グーグル社長も登壇

イベントのポスター

 ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が主催する講演会「ソサエティ5・0」が、15日午後7時~9時半まで聖市リベルダーデ区の文協ビル大講堂(Rua São Joaquim, 381)で開催される。入場料40レ。講演はポ語と英語。
 ソサエティ5・0は、日本が提唱する未来社会の概念。狩猟社会(ソサエティ1・0)、農耕社会(ソサエティ2・0)、工業社会(ソサエティ3・0)、情報社会(ソサエティ4・0)に続く新たな社会を指すもの。仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立するのが日本の目指すべき姿として提唱された。
 パネリストの一人は、経営学者、一橋大学名誉教授の石倉洋子氏。バージニア大学大学院経営学修士(MBA)修了、日本人女性で初めてハーバード・ビジネス・スクール経営学博士号を取得。数々の大学で教授を務める他、株式会社資生堂、積水化学の社外取締役を歴任する。世界経済フォーラム(ダボス)のエキスパートネットワークのメンバーも担う。
 もう一人のパネリストは、グーグルブラジル社のファビオ・コエリョ社長。同氏はハーバード大学を卒業し、フォーブス・ブラジル誌で国内のトップ10のCEOに選ばれた。さらに同社の社長として、10年から16年まで7年連続で伯国内の「働きがいのある会社」で1位を獲得した。
 司会は、文協でビジネス関係委員会の委員長の奥原ジョージ氏が務める。奥原ジョージ氏自身も、元ブラジル・ダノネ社長でビジネスに精通している。
 入場券は文協事務局、もしくはサイト(http://bit.ly/sociedade5_0)で購入が可能。問合せは文協(11・3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ