ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》失業率が史上最悪の14・4%=就業者総数も過去最低=「まだ増える」と専門家

《ブラジル》失業率が史上最悪の14・4%=就業者総数も過去最低=「まだ増える」と専門家

失業率増大を報じる現地サイト(Twitter)

 地理統計院(IBGE)が30日、8月締めの変則四半期での失業率を発表し、2012年の統計開始以来、最悪となる14・4%を記録し、就業者数も最小記録を更新したと発表した。30日付現地紙サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ