ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》コーヴァス市長の癌が肝臓と骨に転移=化学、免疫の両治療に

《サンパウロ市》コーヴァス市長の癌が肝臓と骨に転移=化学、免疫の両治療に

 がん闘病中のブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が経過観察のために受けた検査により、肝臓と骨にがんが転移していたことが判明した。17日付現地紙が報じている。
 コーヴァス市長は15日にサンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、検査を受けた。その結果、新たな転移が見つかり、16日に発表された。
 コーヴァス市長のがんは、19年10月に胃と食道をつなぐ部分と、肝臓、リンパ節でみつかったものからはじまり、20年にはリンパ節の病巣縮小が確認されたが、今年2月には肝臓に新たな病巣ができているのが見つかった。各々のケースは放射線療法や化学療法、免疫療法で治療してきたが、今回は肝臓や骨に病巣が広がっていることが確認された。コーヴァス市長本人はまだ、「兆候は感じていなかった」という。

 コーヴァスは17日から、化学療法と免疫療法の二つを並行して受けることになる。同氏は19年のがん発覚以来、離職せず、公務を継続。入院が必要な時も、病院で公務を行いながら、治療を受けている。放射能療法や化学療法後も病巣がのこっていたため、免疫治療に切り替えていたが、今年見つかったがんでは放射線療法を併用。今回は化学療法を併用することになる。
 「うなだれて、諦めるかだって? とんでもない。これまで通り戦い続けるだけだ」とコーヴァス市長は気丈に語っている。化学療法と免疫療法には48時間を要すが、週末を利用して行った。2週間ごとに同じ治療を繰り返した上、8週ごとに経過観察のための検査を受けることになっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]
  • 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに2021年5月8日 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに  サンパウロ州政府が8日、新型コロナ対策としての外出規制を「移行レベル」のまま2週間据え置くが、商店などの営業時間は延長すると発表したと同日付伯字サイトが報じた。  移行レベルの据え置きは、直近7日間の死者の平均値や新規の入院患者数の平均値が期待したほど下がらず、高止まりして […]
  • サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり2021年5月8日 サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり  サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(Hospital Santa Cruz、佐藤マリオ理事長)は7日、同院の創立記念日4月29日を機に「サンタクルス日本病院(HOSPITAL JAPONÊS […]
  • 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など2021年5月8日 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など  宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会は30日に「宮城埼玉東京屋台祭り」を開催する。  会場は、サンパウロ市リベルダーデ区にある宮城県人会館(Rua […]
  • 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者2021年5月8日 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者  ブラジルにおけるインターネット黎明期の成功者として知られるアレッシャンドレ・マンジック氏が6日、サンパウロ市で死去した。66歳だった。6、7日付現地紙、サイトが報じている。  マンジック氏は1954年にサンパウロ市で生まれ、1972年にサンパウロ州技術学校を卒業後、シーメン […]