ホーム | ブラジル国内ニュース | マラドーナ硬膜下血腫で手術=コロナかと入院、無事に成功

マラドーナ硬膜下血腫で手術=コロナかと入院、無事に成功

 アルゼンチンが生んだサッカーの伝説的選手、マラドーナが3日、硬膜下血腫の手術を受けて成功した。4日付現地紙が報じている。
 マラドーナは60回目の誕生日を迎えた10月30日頃から体調がすぐれず、新型コロナウイルスの感染を疑い、2日から入院していた。検査の結果、コロナの感染はなかったが、硬膜下血腫が見つかり、すぐ手術することになった。

 手術はブエノスアイレス都市圏北部にあるクリニカ・オリーヴォス病院で行われた。当初、本人や家族は手術を拒んだというが、結局は医師に従ったという。
 硬膜下血腫は60歳以上の人には珍しくない病気で、マラドーナの場合、原因として選手時代に負った怪我などが考えられるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]
  • 東西南北2020年10月2日 東西南北  1日のネットは、コロナ検査キット用献金が、ミシェレ大統領夫人が代表の政府プログラムにこっそり回されていた報道で湧いた。これで「ミシェキ」のあだ名が再び盛り上がっている。このあだ名は、同夫人がラシャジーニャ疑惑の渦中にあるファブリシオ・ケイロス容疑者から謎の小切手(シェッキ)を […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]