ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 15日はいよいよ全国市長・市議選だが、ぶっそうなニュースも飛び交っている。それは「候補者の命が狙われている」というもので、サンパウロ州などで候補者襲撃が相次いでいる。サンヴィセンテ市では11日朝、市長候補のソランジェ・フレイタス氏(民主社会党・PSDB)とスタッフが乗った車に4発の銃弾が浴びせられたが、防弾車だったために難を逃れた。同氏はそれ以前にも脅迫を受けている。また、9日朝はグアルーリョス市市議候補のリカルド・モウラ氏(自由党・PL)がネットでの中継中に、何者かから銃弾2発を浴びた。幸いにして、同氏も命には別状なく、10日に病院を退院した。民主的な方法で民意を表すのが「選挙」。市政への思いは、暴力でなく、投票用紙に託してみるべきだろう。
     ◎
 18年12月23日に起きた、ルアン・シウヴァ・デ・オリヴェイラちゃん(3)が線路上を歩いているところを電車に轢かれて亡くなった件に関し、サンパウロ州地裁は聖市地下鉄に対し、20万レアルの賠償金を遺族に支払うよう命じた。この事故は、年末を海岸で過ごすためにジャバクアラ駅へ向かっていた家族に連れられたルアンちゃんが、1号線サンタクルス駅で誤って下車してホームに取り残されてしまい、家族が乗った電車を追いかけるようにしてホームの端の柵をこえて線路に降りたが、小柄なため、子供が前方を歩いていることに気づかなかった電車に轢かれたものだった。 
     ◎
 11日、サッカーのブラジル杯の準々決勝第1試合が行われ、パルメイラスが本拠地でのセアラー戦を3―0で圧勝。サンパウロが敵地マラカナンでのフラメンゴ戦を2―1で振り切り、展開をかなり有利にした。パルメイラス、サンパウロともに、同カードの第2戦は18日に行われるが、準決勝進出を確実に決めて欲しいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年3月3日 東西南北  サンパウロ州では先週から、23時~翌朝午前5時が外出禁止となっている。2月26日〜28日に州が本格的に取り締まりを行った結果、286もの店や会社が夜中に群れを作ってイベントを行ったり、営業時間を守っていないかったりして摘発された。その中には、26日夜から27日未明にかけてサン […]
  • 東西南北2021年3月2日 東西南北  サンパウロ州では、80歳から84歳を対象とするコロナウイルスのワクチン接種が行われている。サンパウロ市の場合、5カ所のドライブスルーでは2月27日、468カ所ある保健機関では1日からはじまっているが、ドライブスルー会場の初日は実に5時間待ちとなるほどの長蛇の列ができ、大混乱だ […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]