ホーム | 日系社会ニュース | JICA=理事長賞に伯国関連で3人=果樹指導の浦田昌寛さんら

JICA=理事長賞に伯国関連で3人=果樹指導の浦田昌寛さんら

 独立行政法人国際協力機構(JICA)が「第16回JICA理事長賞」表彰の受賞者48人を発表し、17日に授賞式を行った。同賞は例年、国際協力事業を通じて開発途上国の人材育成や発展に貢献した個人や団体の功績を讃え表彰するというもの。
 ブラジル関連の受賞者には元シニア・ボランティアの浦田昌寛さん、サンパウロ大学公衆衛生学校客員教授のイトウ・ルーシー・サユリさん、リオグランデ・ド・スル州帰国研修員同窓会会長を勤めるフランシスコ・アントニオ・モンダドリ・ヴァーレさんが選ばれた。


 今年はコロナ禍のため表彰式はビデオ通話アプリを通し、限られた人数で17日に行われた。その様子はブラジリア国費留学生同窓会(Abraex、ファビオ・タカシ・シバタ・ヤマニシ会長)のユーチューブチャンネルでも中継された。
 受賞者の一人、元日系社会シニア・ボランティアの浦田昌寛さん(73、熊本市)は2003年から2018年にかけて4回の合計8年間派遣された。サンパウロ州柿生産者協会(APPC、ピラール・ド・スール市)を中心に柿やデコポンなどの果樹栽培技術指導にあたってきた。
 海外受賞者の2人のうちイトウ・ルーシー・サユリさん(57、サンパウロ在住)は99年から公衆衛生分野の専門家としパラグアイ、ペルー、モザンビークで活躍。2012年から15年には「保健人材機関教員能力強化プロジェクト・フェーズⅡ」のチーフリーダを勤め、日本・モザンビーク・ブラジルの三カ国の調整を担った。
 フランシスコ・アントニオ・モンダドリ・ヴァーレさん(62、リオグランデ・ド・スル州)は1987年に日本で行われた消防関連研修に参加。帰国後、南大河州の帰国研修員同窓会の会長に就任。以後約35年にわたり帰国研修員同窓会の活性化と組織発展に寄与すると共に、日本とブラジルの架け橋として貢献してきた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4>2020年10月15日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4> アジアを股にかけるネパール商人  「日本の商品はオリジナルで、品質に保証があります。また、日本人は言うことが二転三転せず、約束を守るのでとても信頼できます」と語るのは、ネパール人ラン・ハリ・サプコタさん(38、ヌワコット生まれ)。  大学卒業後、マレーシアで約10年 […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<2>2020年10月10日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<2> 世界で仕事を見つける    「ブラジルではもう8年ほど過ごしました。そろそろ他の土地で仕事をしたいという気持ちもあり、日本も訪ねてみたいです」。“世界で武者修行”という言葉がしっくり来るのが、ネパールのタナフン郡出身のガネッシュ・プラサダ・グルンさん( […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 東西南北2020年8月22日 東西南北  サンパウロ州でも19日頃から急に冷え込みが厳しくなった。南極から寒気団が北上しているためで、すでにブラジル南部では降雪を記録したところが何カ所もある。サンパウロ州でも今週末の冷え込みは厳しく、予報だと22日には最高気温が14度以上にあがらず、最低気温も8度前後になるとか。標高 […]