ホーム | 日系社会ニュース | JICA=理事長賞に伯国関連で3人=果樹指導の浦田昌寛さんら

JICA=理事長賞に伯国関連で3人=果樹指導の浦田昌寛さんら

 独立行政法人国際協力機構(JICA)が「第16回JICA理事長賞」表彰の受賞者48人を発表し、17日に授賞式を行った。同賞は例年、国際協力事業を通じて開発途上国の人材育成や発展に貢献した個人や団体の功績を讃え表彰するというもの。
 ブラジル関連の受賞者には元シニア・ボランティアの浦田昌寛さん、サンパウロ大学公衆衛生学校客員教授のイトウ・ルーシー・サユリさん、リオグランデ・ド・スル州帰国研修員同窓会会長を勤めるフランシスコ・アントニオ・モンダドリ・ヴァーレさんが選ばれた。


 今年はコロナ禍のため表彰式はビデオ通話アプリを通し、限られた人数で17日に行われた。その様子はブラジリア国費留学生同窓会(Abraex、ファビオ・タカシ・シバタ・ヤマニシ会長)のユーチューブチャンネルでも中継された。
 受賞者の一人、元日系社会シニア・ボランティアの浦田昌寛さん(73、熊本市)は2003年から2018年にかけて4回の合計8年間派遣された。サンパウロ州柿生産者協会(APPC、ピラール・ド・スール市)を中心に柿やデコポンなどの果樹栽培技術指導にあたってきた。
 海外受賞者の2人のうちイトウ・ルーシー・サユリさん(57、サンパウロ在住)は99年から公衆衛生分野の専門家としパラグアイ、ペルー、モザンビークで活躍。2012年から15年には「保健人材機関教員能力強化プロジェクト・フェーズⅡ」のチーフリーダを勤め、日本・モザンビーク・ブラジルの三カ国の調整を担った。
 フランシスコ・アントニオ・モンダドリ・ヴァーレさん(62、リオグランデ・ド・スル州)は1987年に日本で行われた消防関連研修に参加。帰国後、南大河州の帰国研修員同窓会の会長に就任。以後約35年にわたり帰国研修員同窓会の活性化と組織発展に寄与すると共に、日本とブラジルの架け橋として貢献してきた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から2021年3月2日 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から 「創始者」と「最初の追随者」の役割を再認識  「これは日本語教育界だけでなく、日系社会全体で共有すべき考え方だ」――2月27日にオンライン開催された「南米全伯日本語教育会議‐本会議」での水上(みずかみ)貴雄さん(海外日系人協会 […]
  • コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年2020年12月29日 コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年  2月25日にブラジルで最初の新型コロナ患者が確認され、3月17日に最初の死亡が確認され、ブラジル社会の緊迫度が一気に上がった。同21日にジョアン・ドリアサンパウロ州知事が緊急記者会見を開いて非常事態宣言をし、24日から「2週間のクアレンテナ」(外出自粛)を行うと発表した。4~ […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年12月10日 東西南北  8日午後、サンパウロ市で強い雨が降り、各地で水害が相次いだ。16時50分の時点で市内では20カ所で冠水が起き、11の通りが通行不能となった。また、18時10分までに倒木の通報が122件も入った。被害がひどかったのは西部で、ラッパ、リモン、バラ・フンダなどで水浸しの道や大木が倒 […]
  • コロナに負けず料理店開店=七転び八起きのレバノン移民2020年12月10日 コロナに負けず料理店開店=七転び八起きのレバノン移民  「この店のエスフィッハの味はシリア本国と同じです」。今年8月にオープンしたレバノン人移民のフセイン・アリナリさん(54、タイベ生まれ)がひらいたアラブ料理店『エスフィッハ・タイバット』(Rua Triassú, […]