ホーム | 日系社会ニュース | 横浜=講演会「住んでみたブラジル」=JICA協力隊員ら体験語る

横浜=講演会「住んでみたブラジル」=JICA協力隊員ら体験語る

講演会チラシ

講演会チラシ

JICA横浜・海外移住資料館が主催するオンライン講演会「いちばん遠くていちばん近い、ブラジルの日系社会-住んでみた印象は?他国とどこが違う?コロナ禍の今は?-」が日本時間26日19時から20時10分まで開催される。参加無料。定員100人。
 講師には元ブラジル企画調査員(ボランティア事業)の門倉孝行さんと、JICA海外協力隊員としてサンパウロ州ノロエステ地方で活動した水野晴佳さんを招く。
 門倉さんはブラジル以外にもメキシコやドミニカ共和国などの駐在経験も長く、豊富な中南米駐在経験をふまえて業務を通じて関わった日系人や日系団体の印象や特徴を話す。
 水野さんはノロエステ地方のリンス慈善文化体育協会で「青少年活動」をした。そのときのボランティア活動の様子や、リンスでの日系移民史や現在の日系人の暮らしなどを紹介していく。
 申し込みはメール(jicayic_jomm_info@jica.go.jp)まで。件名に「移住資料館講演会(11/26)参加」を、本文に氏名・メールアドレス・高校生/大学(院)生/教員/一般などの別を明記すること。
 開催日1営業日前に使用するZOOMのアドレスを送付する。

image_print

こちらの記事もどうぞ