ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》アマパー州=鉱動相に続き大統領も現地視察へ=停電とコロナのダブルパンチ

《ブラジル》アマパー州=鉱動相に続き大統領も現地視察へ=停電とコロナのダブルパンチ

サンタリタ発電所を訪れたアルブケルケ鉱動相(Divulgacao/Ministerio de Minas e Energia)

 【既報関連】ベント・アルブケルケ鉱山動力相が20日、3日から広域停電が続くアマパー州を視察し、電力の一部を供給する予定のサンタリタ変電所も訪問した。同州選出のダヴィ・アルコルンブレ上院議長の要請で、ボルソナロ大統領も21日に現地を視察すると20日付現地紙サイトが報じた。
 アルブケルケ鉱動相はヴラデス・ゴエス知事と共に、オリヴェイラ・エネルジア社が運営するサンタリタ変電所を訪れ、火力発電機の一つに着火した。同変電所には13基の発電機が設置されており、サンタナ変電所でも9基が設置済みだ。
 国家電力庁が鉱動相の要請で、サンタナ第二火力発電所とサンタリタ火力発電所の火力発電開始を承認すると20日付官報に掲載した。
 他方、アルコルンブレ上院議長は19日、ボルソナロ大統領と会い、同州の現状や住民の窮状を説明。救済策を要請すると共に、同州視察を求めた。20日の時点では電気代を免除する事が確実視されており、21日に大統領が同州を訪問する事も発表された。

 なお、同州での広域停電解決は26日の見込み。だが2週間以上続く停電や断水、それに伴って生じる多くの損失や不都合と共に、州民を苦しめ悩ませているのは、新型コロナの感染拡大だ。
 同州知事とマカパー市長は先週、バーやレクリエーション施設、劇場などの営業やショーなどのイベント開催を禁ずる条例を発令。停電や断水で大きな損失を受けた商店主らは、コロナによる外出自粛厳密化により、さらなる減収を強いられている。12月6日に延期された市長・市議選の論争点の一つがコロナと電力問題になる事は避けられない状況だ。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》12月から電気代値上がり=追加料金徴収を突如再開2020年12月2日 《ブラジル》12月から電気代値上がり=追加料金徴収を突如再開  国家電力庁(Aneel)が11月30日、12月1日から電気代の追加料金徴収を再開すると発表したと同日付現地サイトが報じた。  同庁は5月26日、新型コロナのパンデミックで電力消費が落ち込んだ事を理由に、年内は電気代の追加料金を徴収しないと発表していたが、今回は、状況 […]
  • 東西南北2020年12月2日 東西南北  57市で市長選の決選投票が行われた翌日の11月30日、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事が、サンパウロ州のコロナウイルスによる外出自粛規制を黄レベル(5段階中3段階目)に厳格化すると宣言した。これに関する州民の反応は、「予想通り」という感じで特に驚きもなかった。規制されたとは […]
  • 【特別寄稿】コロナ明けに行きたい博物館=コーヒーの歴史と魅力堪能=サンパウロ・ヴィラカロン在住 毛利律子2020年12月2日 【特別寄稿】コロナ明けに行きたい博物館=コーヒーの歴史と魅力堪能=サンパウロ・ヴィラカロン在住 毛利律子 案外難しいコーヒー作り  ニッケイ新聞11月14日号に、カフェ・ファゼンダ・アリアンサ社の新商品「ドリップバッグ・コーヒー」のことが紹介された。私は幸運にも、この記事より一足先に商品を味わい満喫している。早速、その会社のネットサイト(https://cafefaz […]
  • 特別寄稿=『余は至高の総統なり』出版へ=翻訳後に幾多のハードル= パラグァイ在住 坂本邦雄2020年12月2日 特別寄稿=『余は至高の総統なり』出版へ=翻訳後に幾多のハードル= パラグァイ在住 坂本邦雄  私は、特技としての西語から日語及び、逆に日語から西語の両翻訳業を長らく、移住事業団(JICA)、搾油会社(CAICISA)や、最後は住友商事のサラリーマン時代に、副業の様にしてやってきた。  そのためには、古くからアスンション市の最高裁判所において、公証翻訳人の登録 […]
  • 《ブラジル》コロナ重症でも市長当選=息子の知らせに涙をこぼす2020年12月1日 《ブラジル》コロナ重症でも市長当選=息子の知らせに涙をこぼす  11月29日に行われた統一地方選の決選投票で当選した市長の一人は新型コロナに感染して重症化し、1カ月以上入院しているが、そんな状況でも当選を果たし、息子からの知らせに感涙をこぼしたという。  新型コロナ感染症で闘病中なのは、ゴイアス州州都のゴイアニア市長に当選したマ […]