ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少

サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少

 サンパウロ市の市立病院の救急外来利用者(緊急外来は除く)が、人口増加率を上回るペースで増えていると21日付現地紙が報じた。
 市立病院は統一医療保健システム(SUS)が使え、診察や病院内での投薬、検査などは全て無料の上、24時間対応してもらえる。
 問題は、受付から診察や検査までに時間がかかる事で、タツアペにあるカルミノ・カリシオ病院などの待合室はいつも、診察や投薬などを待つ人で溢れている。
 カルミノ・カリシオ病院の場合、1~4月の利用者数(診察を受けた人の総数)は、17年1~4月より3300人(21%)増えたという。
 この傾向は他の市立病院でも同様で、今年の1~4月に診察を受けた利用者の数は、昨年同期より10%増えたという。サンパウロ市の人口は17年~18年に8・2%増えたと見られており、利用者数が人口増加率以上に伸びた事は明らかだ。
 専門家は、市立病院の利用者が増えたのは、景気低迷や失業率の高止まりにより、有料の保健プランの新規契約や契約更新が出来ないまたは諦めた人が増えたためと見ている。サンパウロ市在住の保健プラン利用者は、昨年末現在で570万人とされ、年々減少傾向にある。17年から18年にかけては、48万人が保健プランを抜けたという。
 ただ、市立病院を含む公的医療機関でSUSを利用する患者の最大の悩みは、特別診療科などの予約が入れられない事。今年の対応数は昨年より増えたというが、市全体では特別診療科の予約を入れるまでに平均85日かかる。市東部の平均は109日で、イタイン・パウリスタ区では148日かかっているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今2020年12月3日 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今  例年なら7月1日に調整されるサンパウロ州の州道の通行料が、新型コロナのために5カ月先延ばしされ、12月1日に調整された。  料金調整の対象となったのはアンシエッタ、イミグランテス、アニャンゲーラ、バンデイランテス、プレジデンテ・カステロ・ブランコ、ラポゾ・タヴァレス […]
  • 東西南北2020年12月3日 東西南北  大半が10代だった若者9人が犠牲になった、サンパウロ市西部にある巨大ファベーラ、パライゾーポリスでのファンキ・パーティ圧死事件から、1日でちょうど1年が経過した。狭い会場に逃げ込んだ麻薬密売者を追いつめようと、軍警が無理な追跡を行った結果、逃げ惑ったパーティ参加者らが貧民街の […]
  • 土佐祭り第1弾盛大に配信=ライブは1800人が視聴=感染拡大で第2弾は延期縮小へ2020年12月3日 土佐祭り第1弾盛大に配信=ライブは1800人が視聴=感染拡大で第2弾は延期縮小へ  「ライブでは多くの人にご視聴いただき、本当に感謝しかありません」――高知県人会の片山アルナルド会長(二世、75歳)は来社して、そう謝辞をのべた。外出自粛令が発令されて9カ月が経つコロナ禍で、県人会の中でも一番イベントを多く行っている高知県人会。土佐祭り第1弾を11月2 […]
  • 実録寄稿=高額アイフォン取り戻す=アフリカンマフィア暗躍?!2020年12月3日 実録寄稿=高額アイフォン取り戻す=アフリカンマフィア暗躍?!  サンパウロ市在住の女性移住者から、次のような体験談が送られてきた。その外国人移民の友人は高額なアイフォン(アップル社製スマホ)を強盗に盗られ、なんと取り返した。生々しい顛末は、以下の通り。(編集部)  「友人Hがフェイスブックのビデオで絶叫していた。一体、彼の身に何 […]
  • 文協美食ライブ「天丼」=白石テルマ氏のレシピで2020年12月3日 文協美食ライブ「天丼」=白石テルマ氏のレシピで  10日(木)20時にブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)のSNS上で、和食レシピを紹介するシリーズ「ガストロノミア・ノ・文協」で「天丼」の作り方が動画で視聴できる。  今年最後の同放送では、サンパウロ市のジャパン・ハウス内にある和食レストラン藍染のオーナ […]