ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》マカパー市長選でDrフルラン氏が逆転当選=大統領の応援候補また敗戦

《ブラジル》マカパー市長選でDrフルラン氏が逆転当選=大統領の応援候補また敗戦

 大停電の影響で選挙実施が遅れていたアマパー州都マカパーで、市長選の決選投票が行われ、Drフルラン氏(シダダニア)が当選。ここでもボルソナロ氏の応援候補は勝てなかった。21日付現地紙が報じている。
 6日に行われた一次投票では、ダヴィ・アルコルンブレ上院議長の実兄でもあるジョジエル氏(DEM)が29・47%でリードし、フルラン氏が16・03%で追う展開だった。

 だが、決戦投票では形勢が逆転。終わってみれば、フルラン氏が有効得票率で55・67%の支持を獲得して当選した。
 今回の選挙はボルソナロ大統領のさらなる敗戦にもなった。選挙前日の19日、大統領はジョジエル氏支持の動画を発表していた。これでボルソナロ大統領が応援した候補は、14人中2人しか当選しなかったことになった。

image_print

こちらの記事もどうぞ