ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第139話

中島宏著『クリスト・レイ』第139話

 そして、そこではすべての人たちが貧しく、毎日の生活にも事欠くというほどの状況だったわ。それは、私の小さな頃からもそうだったし、大きくなってからも基本的にはその貧しさは変わらなかったわね。今では多少良くなったようだけど、それでも貧しさから脱却できたとはいえないようね。
 でも、そういう貧乏暮らしは、私にとっては生まれてからずっと続いていたものだから、それに対して別に不満などを持っていたわけではなかったわ。周りの人たちがすべて同じ状況だったから、そのことが当たり前のように考えていたわけね。どうしてこんなに貧乏なのかという発想さえ生まれてこなかったの。まあ、私たちの周辺だけがそうだったわけでなく、日本の地方はなべて貧乏だったということでしょうね。
 私の家だけでなく、近所の家々はすべてカトリック信者ばかりで、どこでもいつも熱心にお祈りをしていたわ。村には結構立派な教会があって、そこへはいつも日曜日になると村中の人たちが集まって、ミサを行ったり、いろいろな宗教活動が行われていたわね。
 物心ついたときから私もずっと教会に通っていたから、私にとってはそのことが生活の一部になっていたわ。だから、私にとってカトリック教会は、あそこでは今村教会といってたけど、ごく当たり前の存在だったし、それに対して何の疑問も持たなかったの。ずっと後になって、自分であちこちの地方へ足を伸ばすようになってから、その当たり前の風景が、実は日本の国では必ずしもそうではないということに気が付き始めたのね。むしろキリスト教というのは例外的な存在で、日本ではほんの一部の人々しか信仰していないということがだんだん分かってきたの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(15)2016年6月7日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(15)  さて、千年太郎青年は、岩下ご夫妻の親愛なるご指導ご鞭撻により、岩下家の主生産品のトマテ(トマト)生産出荷に向けて、頑張って行く。五、六ヶ月はアッと言う間に過ぎた。ところがここで予想だにしなかった事態発生。早くも挫折の危機に見舞われる。九月にはいり、季節は春ながら海岸線特有の蒸 […]
  • アマゾン料理店『AMAZONIA』=サンパウロ市唯一の専門店!=マニソバ、ピラルクーなど多数2010年1月21日 アマゾン料理店『AMAZONIA』=サンパウロ市唯一の専門店!=マニソバ、ピラルクーなど多数 ニッケイ新聞 2010年1月21日付け  リベルダーデにほど近いベラ・ビスタ地区で、サンパウロ唯一のアマゾン専門料理屋『AMAZONIA』(Rui Barbosa, 206, […]
  • 《ブラジル》景気回復は2019年以降?2017年7月7日 《ブラジル》景気回復は2019年以降?  テメル大統領の心中は、ジェットコースター並みに激しく上下しているに違いない。先週月曜日にはジャノー連邦検察庁長官の起訴第1弾「収賄容疑」があり、地獄まで急降下した気分だっただろう。  だがその週のうちに最高裁判事の判断で、テメル側近のロウレス元下議が自宅軟禁に切り替 […]
  • 倫理の会=「倫理が私を変えた」=米国から講師を招き勉強会開催2017年5月10日 倫理の会=「倫理が私を変えた」=米国から講師を招き勉強会開催  ブラジル倫理の会(須郷清孝会長)は、南カリフォルニア倫理法人会の飯田隆会長を招き、6、7日にサンパウロ市及びアメリカーナ市内で、『倫理が私を変えた』と題して勉強会を行った。  飯田氏は駐在員として渡米以来、27年間米国に在住。会社員から独立して起業するも「資金がない […]
  • 樹海2014年10月25日 樹海  久々に運動会に参加した。最初にラジオ体操で体を伸ばし、赤組、白組に別れ、子供や親も参加する楽しいものだった。普段の運動不足のせいか徒競走で豪快に転ぶお父さんを見ながら、太陽の紫外線を気にしている自分に気づき、遠い過去となった子供時代を振り返ると、やはり家族や友達と食べるお […]