ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》予防接種会場で食品寄付募る=失業などで苦しむ人々支援のため

《サンパウロ州》予防接種会場で食品寄付募る=失業などで苦しむ人々支援のため

車で来た予防接種希望者と住所などの個人情報を確認する医療従事者(Rovena Rosa/Agencia Brasil)

 新型コロナの感染再燃で失業率の上昇や所得の減少といった影響が広がる中、サンパウロ州政府が、「ヴァシーナ・コントラ・フォーメ(飢餓対策ワクチン)」というキャンペーンを始めた。
 5日に始まったキャンペーンは、新型コロナのワクチン接種会場で、貧困家庭への食料品を集めるというもので、4日現在で、全州645市の内、少なくとも389市が参加する意向を表明している。

 食料品の寄付は義務ではなく、参加者はあくまでもボランティアだ。趣旨に賛同する人達には、米やフェイジョン、マカロニやスパゲティ、粉ミルクといった保存食1キロ分を持参するよう、呼びかけられている。
 キャンペーンに参加している自治体のリストは、州政府の公式サイトhttps://agenciabrasil.ebc.com.br/saude/noticia/2021-04/pontos-de-vacinacao-arrecadam-alimentos-em-sao-pauloで確認できる。(4日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も2021年4月15日 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も  貧困層が主に就業する掃除婦をしながら、娘の学費を稼いで大学を卒業させた母への感謝の気持ちから、母がいつも使っているユニフォームを着て大学卒業式に出席した女子学生が話題になり、大学から奨学金を受け取って大学院に進む事になった。  「ベッカ」と呼ばれる卒業式用の衣装を着 […]
  • 《サンパウロ州》60〜64歳の接種日程発表=5月6日までに次々と2021年4月15日 《サンパウロ州》60〜64歳の接種日程発表=5月6日までに次々と  サンパウロ州は14日、コロナワクチンの新たな接種対象の発表を行い、60歳から64歳までの人への接種を、4月の下旬から5月の上旬にかけてはじめる意向であることを表明した。14日付現地サイトが報じている。  州政府の発表によると、4月29日からは63歳と64歳の接種がは […]
  • 《ブラジル》2度目の接種も忘れずに=有資格者150万人現れず2021年4月15日 《ブラジル》2度目の接種も忘れずに=有資格者150万人現れず  保健省が13日、新型コロナワクチンの2度目の接種を受けていない人が150万人余りいるとして、州別の未接種者数リストを発表したと13日付現地サイトが報じた。  1度目の接種を受けた人は、次回の接種日を指定したカードを受け取る。だがその日になっても接種を受けに来ない人が […]
  • 東西南北2021年4月15日 東西南北  コロナワクチンの最新の接種者数を示すVacinometroを用意している州が多いが、サンパウロ州で13日午後13時現在のワクチン接種率が最も高い市はフローラ・リカで、市内のほぼ3分の1にあたる33・2%の人が接種を受けた。上位は主に人口の少ない市だが、大都市ではサンカエターノ […]
  • 東西南北2021年4月14日 東西南北  世界的な権威のある英国の医学誌「ランセット」が11日に発表したところによると、コロナバックの効果は間隔を開けて接種した方が高いことがわかった。コロナバックは「1回目と2回目の接種の間隔は14日から28日」が推奨されているが、昨年12月から今年1月にかけて行われた調査によると、 […]