ホーム | 日系社会ニュース | 日系社会向けの別れの挨拶=23日に帰朝する山田大使

日系社会向けの別れの挨拶=23日に帰朝する山田大使

 23日に帰朝する山田彰駐ブラジル日本国大使が、日系社会向けの別れの挨拶動画(https://www.youtube.com/watch?v=mY4YipWk1sE)を、同大使館ユーチューブチャンネルで公開した。内容の日本語訳は次の通り。

    ☆
 ブラジルの、そして中南米の日系社会の皆さん、こんにちは。駐ブラジル日本大使の山田彰です。
 このたび、私は4年3カ月のブラジル勤務を終えて、11月23日に帰国することになりました。前職の2年9カ月のメキシコでの勤務を含めて、約7年間、中南米で大使として勤務しました。
 この間、対面、及びオンラインで、日系社会の様々なイベントに参加し、ブラジル、メキシコだけでなく、中南米各国の日系社会の皆さんと交流する機会を持つことができました。特に、若い日系人の皆さんの会合に積極的に参加し、その意見を聞くように努めてきました。
 また、2018年の「ブラジル日本人移住110周年」の機会に訪伯された眞子内親王殿下に随行し、ブラジルの5州14都市を訪問したことは忘れられない思い出です。
 外務省に入省して41年、日本と中南米日系社会との協力・連携の強化は、私にとっての外交官としてのライフワークの一つでした。
 ブラジル各地を訪問して、日本人移住者・日系人の皆さんが忍耐・努力を重ねてそれぞれの社会において強い信頼を勝ち得てきたという「先人たちの努力」と、日本の文化や伝統を日系社会において受け継ぐとともに社会に広く普及しているという「今日の人々の努力」を私は感じます。
 今日の日本とブラジル、日本と中南米諸国の良好な関係の基には、こうした努力が存在しています。
 中南米の日系社会は世代の変遷、外部環境の変化等により、変化しています。こうした変化を踏まえつつ、これからは、特に日系人の若い世代が、いかに日系人としてアイデンティティを保ち、日本との絆を維持していくのか、それぞれの国で社会に対し現代の新たな日本の魅力、情報を発信するなどの活躍ができるか、が大事です。
 そのために、日本政府も様々な施策を検討するでしょうし、大使館としても努力していくものと考えます。
 私自身、日本に戻っても、ブラジルを含む中南米の日系社会との連絡は維持したいと思っています。また、皆さんと何らかの形でお会いできることを楽しみにしています。
 どうもありがとうございました。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • Fuvest1次が終了=今年も理数系寄りの傾向2012年11月27日 Fuvest1次が終了=今年も理数系寄りの傾向 ニッケイ新聞 2012年11月27日付け  サンパウロ総合大学入学試験(Fuvest)が25日に行われ、2002年以来最大の欠席者を記録した。また、テストそのものは数学の難しさが目立った。25日付伯字紙が報じている。 […]
  • ペトロブラス=新たな投資計画を発表=前回プランより37%減=探査、生産に83%投入2015年6月30日 ペトロブラス=新たな投資計画を発表=前回プランより37%減=探査、生産に83%投入  ペトロブラス(PB)が29日、15―19年の事業計画を発表した。同計画では同間中の投資額を14―18年の計画より37%減の1303億ドルとし、その大半を採掘、生産部門に投入すると29日付G1サイトが報じた。 27日付エスタード紙によれば、26日の経営審議会は9時間に及んだ […]
  • 往年の恩返せるか=米債務証券、ブラジル引き受け?2008年6月25日 往年の恩返せるか=米債務証券、ブラジル引き受け? ニッケイ新聞 2008年6月25日付け  失われた十年といわれるブラジルの八〇年代、日本の九〇年代が現在、米国へ渡った。米国のマスコミにリセッションや失業、金融パニック、消費者ローン落ち込みの語句のない日がない。 […]
  • 日文研の細川教授講演=基金2007年8月7日 日文研の細川教授講演=基金 2007年8月7日付け  国際交流基金サンパウロ日本文化センター、国際日本文化研究センター、サンパウロ大学日本文化研究所の共催による講演会「シネマ屋ブラジルを行く」が同名本の著者、細川周平氏により、九日午後七時半から、同センター(Av […]
  • 刊行物「同素体」2010年11月5日 刊行物「同素体」 ニッケイ新聞 2010年11月5日付け  句誌「同素体」11月号(通巻568号)が刊行された。  同人作品、共鳴作品、地の裏集詠草のほか、べレン、サンタイザベル句会の作品が掲載されている。 […]