ホーム | Free | 訪問記念特別寄稿=ブラジルとの関係強化に向けて

訪問記念特別寄稿=ブラジルとの関係強化に向けて

日本国外務大臣 茂木敏充

 この度、外務大臣としてブラジルを訪問することができて大変喜ばしく思っています。外務大臣としては初の訪問ですが、私個人としては4回目の訪問であり、ブラジルに対して非常に親しみを感じています。新型コロナの感染が世界的に拡大していますが、伝統的友好国であるブラジルとの関係を強化したいとの強い思いで、今回の訪問を決めました。
 中南米を含む国際社会におけるパワーバランスの変化が加速化・複雑化している中、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持・強化は益々重要となっており、そのために国際的な連携が必要となっています。多くの中南米諸国は、法の支配、自由、民主主義、人権等の基本的価値を我が国と共有しています。
 なかでも、地域を代表する大国であるブラジルは、基本的価値と日系人の方々が紡いできた伝統的な絆を共有しており、こうした国際的な連携を進める上での「戦略的グローバルパートナー」であり、その関係強化の重要性は近年大きく増大しています。また、日本は、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の強化に向けた戦略的な連携を、米国等と重層的に進めていますが、新しい外交を進めるブラジルともこうした重層的な連携を進めるべく、日米伯三か国の協議を立ち上げたところです。
 また、日本政府は、ブラジルの感染症対策及び保健・医療体制の強化に資する機材供与を実施しています。PAHO(汎米保健機構)を通じた、ブラジルを含む中南米各国への支援も行っています。日系人の皆様や企業の皆様におかれては、ブラジル各地で市民の方々が困難に直面する中、自身も困難に直面しているにもかかわらず、医療機材や食料の寄贈などを通じて、地元社会に貢献されたと承知しております。
 さらに昨年は、オンライン・ツールも活用しつつ、多くの日系イベントを実施されたと承知しております。これらの活動は、日系人社会の積極的な現地社会への貢献として、大変意義深く、日本人として誇りに思います。こうした活動を後押しする観点から、日本政府として、新型コロナによる影響を受けた日系人団体が運営する医療・福祉施設や日系人団体が行う感染拡大防止等の事業に対して支援を行うことを決定しました。この支援が日系人の皆様のお役に立つとともに、皆様の活動の強化に貢献することを通じてブラジルの発展にも資するものとなることを期待します。
 2016年のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの成功とブラジル選手の目覚ましい活躍は記憶に新しいところです。現在、日本は、人類がウイルスに打ち勝った証、また、東日本大震災からの復興を発信する「復興オリンピック・パラリンピック」として、東京大会の開催実現のため準備に取り組んでおります。スポーツ大国でもあるブラジルからも多くの選手が参加することになるでしょう。そうしたスポーツを通じた人的交流によって、両国国民が、地理的な距離を感じない程互いに身近に感じられる存在になることを祈念しています。
 6世代、200万人以上に及ぶブラジル日系人社会は、日ブラジル両国を繋ぐかけがえのない宝です。ブラジル社会の津々浦々で活躍され、祖国日本と日系社会の絆を大切に守り育てていらっしゃる日系社会の皆様に改めて敬意と感謝の意を表明したいと思います。引き続き日本政府としても、日ブラジル関係を支える信頼の礎であるブラジル日系社会と、さらに連携・協力していきたいと思います。

日本国外務大臣  茂木敏充

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物2021年4月21日 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物  新型コロナのパンデミックで対面授業ができず、学力が低下する生徒などが出る一方、遠隔授業の恩恵を満喫している生徒や学校もある。  サンパウロ大都市圏サンタナ・ド・パライバ市の私立校の新入生のダミアン君(7)は、2千キロ以上離れたボリビアのサンタクルス・デ・ラ・シエラ市 […]
  • 《ブラジル》連邦地裁判事=「早期治療は大統領の政治発言」=キット薬死亡事件を市警が捜査=批判高まる政権のコロナ対策2021年4月21日 《ブラジル》連邦地裁判事=「早期治療は大統領の政治発言」=キット薬死亡事件を市警が捜査=批判高まる政権のコロナ対策  14日、連邦地裁判事が「薬効が証明されていない薬品を使った早期治療推奨は大統領による政治発言」との判断を下すなど、コロナ禍をより深刻化させたとして連邦政府が推奨する「コロナ感染症キット」への批判が高まっている。また、決定的な治療法を欠くコロナ感染症に対し、国家衛生監督 […]
  • 《サンパウロ州》バス運転手や慢性病患者もワクチン接種へ=期待より早い入院数や死者減少2021年4月21日 《サンパウロ州》バス運転手や慢性病患者もワクチン接種へ=期待より早い入院数や死者減少  サンパウロ州政府は20日、コロナワクチン接種に関する最新日程を発表。5月からは、慢性の持病を持っている人や電車やバスの職員への接種もはじめられることになった。20日付現地サイトが報じている。  サンパウロ州は19日に、5月11日からサンパウロ市内地下鉄、CPTMの職 […]
  • 東西南北2021年4月21日 東西南北  今日21日は「チラデンテスの日」で国民の祝日。だが今年の場合、少し事情がややこしい。それは、3月26日から4月4日に大型連休「フェリアドン」を採用した大サンパウロ都市圏の自治体の中に、チラデンテスを前倒し使用した市があったためだ。一部の報道機関は、サンパウロ市などもチラデンテ […]
  • 文協=役員会選挙シャッパ締切り=石川会長再選がほぼ確定=新しい風吹き込む2021年4月21日 文協=役員会選挙シャッパ締切り=石川会長再選がほぼ確定=新しい風吹き込む  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が14日正午、役員会役員のシャッパ(候補者連記名簿)提出を締め切った。締切りまで対抗シャッパの提出はなく、前回に引き続き石川レナト氏(二世)を会長とする単独シャッパとなり、再選がほぼ確定となった。  当日は、現職会長の石 […]