ホーム | 日系社会ニュース | モジ文協=新年ライブ「ありがとうモジ」=マルシアや富山の歌手も出演

モジ文協=新年ライブ「ありがとうモジ」=マルシアや富山の歌手も出演

イベント終幕の様子。中継視聴者の楽しげなコメントが連なる様子(https://www.youtube.com/watch?v=i43fTdoWXWg)

イベント終幕の様子。中継視聴者の楽しげなコメントが連なる様子(https://www.youtube.com/watch?v=i43fTdoWXWg)

 モジ・ダス・クルーゼス文化協会(津田フランキ会長)は9日(土)20時から新年ライブ「ありがとうモジ:モジ・ダス・クルーゼスにある日本のカケラ」をユーチューブとフェイスブック上で開催した。
 新年を祝うと共に、日本人移民を受け居れてくれたモジ市への感謝の気持ちを表したこのイベントは、モジ文協が主催して平田ジョエさんがプロデュース。文化奨励法により市役所が公式スポンサーとして出資している。
 3時間に及ぶイベントには様々な出演者が登場。山井ケンジさんやリカルド・クルズさんが特別出演したほか、日本で活躍する同地出身の日系ブラジル人歌手のマルシアさんもリモートで出演し、「ふりむけばヨコハマ」「人生一路」などの歌声を、日本から故郷モジへ元気に届けた。
 モジの姉妹都市である富山県富山市から三味線楽家の濱谷拓也さんと舘谷美里さんや、同県南砺市出身の民謡歌手・林道美有紀さんも出演した。オンラインイベントならではの強みを存分に活かしたライブ構成となった。

イベントの告知画像

イベントの告知画像

 山田彰特命全権大使は、日本人移住者の勤労や努力を讃えると共に、モジ市へ深い感謝を述べ「両国の絆を一層深める契機となるでしょう」と開催に喜びの声をよせている。
 桑名良輔在サンパウロ総領事は、「日本文化普及の観点からも非常に重要なもの」とカイオ・クニャ市長やモジ文協といった関係者に開催の喜びを表した。
 オンラインイベントの模様は同会フェイスブック(https://pt-br.facebook.com/bunkyo.mogi/)やユーチューブチャンネル(https://www.youtube.com/user/akimatsurimogi)にも動画が残っており、視聴可能だ。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》対面授業再開で感染悪化=116校で感染者や死者確認2021年3月5日 《サンパウロ市》対面授業再開で感染悪化=116校で感染者や死者確認  新型コロナ感染症による入院患者が新記録を更新し、集中治療室(UTI)占有率が高まる中、サンパウロ市の公立校教師達が対面授業の中止を求めている。  サンパウロ市公務員組合(Sindsep)によると、2月15日の対面授業再開以来、116校で生徒や教職員計335人が感染し […]
  • 《ブラジル》コロナ死者1910人/日で悲しい新記録=新規感染者は全世界の25%も2021年3月5日 《ブラジル》コロナ死者1910人/日で悲しい新記録=新規感染者は全世界の25%も  新型コロナは感染拡大が進み、3日は1日の死者が1910人(保健省統計)にまで増加した。新規感染者は保健省統計で7万1704人という多さで、米国を上回る世界1位だったと3~4日付現地紙、サイトが報じた。  保健省による3日現在の死者累計は25万9271人で、7日間の平 […]
  • 東西南北2021年3月5日 東西南北  6日午前0時より、サンパウロ州全域でコロナウイルスの外出規制が最低の赤レベルとなる。これで必要最低限の商業活動のみしかできなくなった。このところ連日のように、「死者、感染者が過去最大」と報じられているにも関わらず、街に繰り出してイベントやパーティをやっていた人たちの自覚を促す […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • のうそん誌半世紀の歴史に幕=終刊時でも読者800人2021年3月5日 のうそん誌半世紀の歴史に幕=終刊時でも読者800人  農村に住む人ために発刊された「のうそん」(日伯農村文化振興会発行、責任者=永田久)が、289号(2018年7月)を最後に終刊となり約50年の歴史に幕を下ろしていた。電話取材に応じた永田美知子さん(88、栃木県)は「最後のほうは読者は800人くらい」と振り返った。 […]