ホーム | ブラジル国内ニュース | 大統領が解任示唆したブラジル銀行頭取が留任=民営化狙うゲデスに朗報

大統領が解任示唆したブラジル銀行頭取が留任=民営化狙うゲデスに朗報

ブランドン頭取(右)とボルソナロ大統領(Twitter)

 ボルソナロ大統領が先週、解任の意向を表明していたブラジル銀行(BB)のアンドレ・ブランドン頭取が留任することになり、彼が進めようとしていた希望退職などによる内部改革も進められることとなった。この留任はBB民営化を望むパウロ・ゲデス経済相にも朗報となった。19日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ