ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》看護師のハグで恐怖心消える=ダウン症の感染者に転院の道も

《ブラジル》看護師のハグで恐怖心消える=ダウン症の感染者に転院の道も

看護師のノゲイラ氏と酸素吸入を受けるロウレイロ氏(26日付G1サイトの記事の一部)

 州都マナウス中心に新型コロナの感染拡大が著しいアマゾナス州で、ダウン症のコロナ感染症患者が看護師のハグによって恐怖心を取り去られ、酸素吸入などの措置を受ける事ができた上、マナウス市の病院の集中治療室への道も開かれるという出来事が起きた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》緊急支援金 金額や財源巡り二転三転=3月再開目指すも迷走続く2021年3月2日 《ブラジル》緊急支援金 金額や財源巡り二転三転=3月再開目指すも迷走続く  コロナ禍に対する新たな緊急支援金を創出するための緊急憲法改正案(PEC)を通過させるために、資金源として、労働者支援基金(FAT)や社会経済開発銀行(BNDES)からの支出カットなどを視野に入れ始めていると、1日付フォーリャ紙サイトが報じている。  コロナ禍に伴う2 […]
  • 東西南北2021年3月2日 東西南北  サンパウロ州では、80歳から84歳を対象とするコロナウイルスのワクチン接種が行われている。サンパウロ市の場合、5カ所のドライブスルーでは2月27日、468カ所ある保健機関では1日からはじまっているが、ドライブスルー会場の初日は実に5時間待ちとなるほどの長蛇の列ができ、大混乱だ […]
  • 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から2021年3月2日 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から 「創始者」と「最初の追随者」の役割を再認識  「これは日本語教育界だけでなく、日系社会全体で共有すべき考え方だ」――2月27日にオンライン開催された「南米全伯日本語教育会議‐本会議」での水上(みずかみ)貴雄さん(海外日系人協会 […]
  • 文協=評議員選挙の候補者決定=郵便投票3月26日まで2021年3月2日 文協=評議員選挙の候補者決定=郵便投票3月26日まで  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は、来る3月27日に行われる定期総会の評議員選挙の事前郵便投票を行うことを発表した。  この事前投票はコロナ禍により当日不在になることと、行列・長時間の拘束ができないように対策したもの。  郵便投票を希望する会員は、既に文協から郵 […]
  • 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領2021年2月27日 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領  昨年2月26日の新型コロナの初感染者確認から丸1年。この24日には死者数が25万人の大台を超え、7日間の平均死者数が過去最多を記録して昨年のピーク時よりも明らかに酷い記録を更新中の25日、ボルソナロ大統領は今更ながらにマスク着用に否定的な発言を定例ライブで語り、メディ […]