ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第116話

中島宏著『クリスト・レイ』第116話

 つまり、アヤのように広い視野で、ブラジルのことあるいは世界のことを考えるというところがない。彼らの発想は常に、後にしてきた日本に繋がっていて、そこから一歩も出ようとしないという傾向があります。
もちろんこれは、僕のようにブラジル人の一人としての見方であり、考え方ではあるのですが、その辺りの差が、彼らとアヤとの間に鮮明な形で現れています。そこに僕が言う、あなたの強い個性があるということですね。
特にそれが、日本人の女性であるという点に新鮮な驚きを感じます。僕が言う個性というのはつまり、そういうことなんです。これは誰にでもあるというものではなく、非常に珍しい例だと僕は思っています」
「一般の人とかなり変わっているという意味であれば私の場合、マルコスの言うその、個性的ということになるかもしれないわね。そういう意味であれば、何となく私にも納得できそうな感じね。あるいは、このブラジルという新しい国に移民してきたことによって、それがきっかけとなって、そういう面が特に強調されて現れてきたともいえるかもしれないけど、でも、本当のところ私の場合は、性格的なものから来ているともいえそうね。
いえ、間違いなくそこには、性格が現れているといっていいでしょうね。まあこれは、家系といってもいいかもしれないけど、とにかく、私の父は何かを追及しようとすると、それを徹底的に、どこまでも追いかけていこうというところがあったようね。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • Aミネイロでケガ人続出=クラブ世界選手権に暗雲?2013年10月2日 Aミネイロでケガ人続出=クラブ世界選手権に暗雲? ニッケイ新聞 2013年10月2日  7月24日に初のリベルタドーレス杯優勝を決め、12月18日からモロッコで開催される国際サッカー連盟(FIFA)主催のクラブ世界選手権に向けて夢を膨らませていたはずのアトレチコ・ミネイロ(通称ガロ)で、ケガ人が続出している。 […]
  • 大耳小耳2006年3月15日 大耳小耳 2006年3月15日(水) […]
  • ACAL=大晦日恒例の餅つき祭り=もち米40俵分を準備2015年12月23日 ACAL=大晦日恒例の餅つき祭り=もち米40俵分を準備  年末恒例の『第45回餅つき祭り』が31日午前8時からサンパウロ市リベルダーデ広場で行われる。リベルダーデ商工会議所(ACAL、池崎博文会長)、文協、県連、援協、アリアンサ共催。 午前8時から2万袋の餅(紅白2個入り)が配られ、午後9時半から開会式が開始、ACALの和太鼓チーム […]
  • マラジョー島に人力タクシー=便利、無故障で好評2006年2月22日 マラジョー島に人力タクシー=便利、無故障で好評 2006年2月22日(水)  【エスタード・デ・サンパウロ紙十九日】パラー州マラジョー島のアフアー市で四人乗りの人力車が、好評である。市条例でエンジン付き乗用車やバイクの走行は、禁じられている。 […]
  • 資金難で「レジストロ平和灯ろう流し」開催が難しいと説明する山村会長2015年6月4日 地方団体があげる苦悩の声=第1回日系連合会の集い=(上)=資金難、会員減、山積する問題=「なぜ日本から支援ないの?」  「これだけ集まったのは皆がこの集いの必要性を感じているから。もっと地方同士の連携を緊密化していきたい」。聖南西文化体育連盟とリベイラ河沿岸日系団体連合会の両会長を兼任する山村敏明さんの呼びかけで「日系連合会の集い」が5月30日にサンパウロ州カンピーナス市で開催され、アララ […]