ホーム | 日系社会ニュース | 鹿児島県人会「日本語で話そう会」=桑名在聖総領事もゲストで参加

鹿児島県人会「日本語で話そう会」=桑名在聖総領事もゲストで参加

日本語で話そうの様子

日本語で話そうの様子

 ブラジル鹿児島県人会(上園モニカ会長)が主催する「第8回オンラインチャット・日本語で話しましょう!」が、1月26日20時から約90分に亘ってオンライン会議システム、ズーム上で開催された。当日は特別ゲストに在サンパウロ日本国総領事館の桑名良輔総領事と、大阪市に本社を置く日用品メーカーサラヤ株式会社メキシコ支社の児玉エジソン明敏支社長が参加した。その他、総合コーディネーターに内村カティア明美さんを、メディエーター(仲介人)に県費留学生4人を招き、その他計30人で日本語を使い議論を行った。この日の議題テーマは「パンデミックで学んだこと」。
 2013年鹿児島県県費留学生の梶原ルーカス隼さんが司会進行し、最初は皆でグラスを片手に新年を祝って乾杯した。

桑名総領事

桑名総領事

 ゲストの桑名総領事が「普段ポルトガル語の会議が多いですが、今日は日本語で話すということで肩の力を抜いて話すことができます」と笑顔で挨拶。桑名総領事は上智大学卒業後、外務省に入省。ボリビアなど海外での経験を交えながら自己紹介をし、「ブラジルは気候も良く、食べ物も本当に美味しい。日本食材に困ることもなく住みやすい。今まで汗水たらして努力をして信頼を勝ち得た日系社会のおかげ。本当に感謝しています」と当地の生活に満足している様子。
 議題についても「今回コロナ禍で接触が難しくなったが、改めて人間はコミュニケーションすることで絆ができて、生きていけるということ学んだ。まだ災禍は続きそうだが、こういう我慢のときは、ネガティブ思考を止めてポジティブに考えて皆で難局を乗り越えましょう」と述べた。
 ニューヨークから参加した児玉メキシコ支社長は、「この災禍により日常生活に支障がでて、相次ぐイベント中止を受けてパニックになった時、改めてブラジルに開拓移住した先人のご苦労を考えた」と話し、「この災禍も、過去の言葉にしつくせない苦労をより深く考え、家や家族があることや、朝起きて一日が始まることなど、何気ない日常を送れていることの喜びを感謝する心境を学びました」と語る。
 その他、ブラジル日本青年会議所の末次・ファビオ・幸男イベント理事長は、「このコロナ災禍だからこそアグア・ノ・フェイジョンを企画し貧困層に弁当を寄付するなど、助け合うボランティアがさらに増え、共に革新と成長をもたらしたと思います」とし、「私達の距離は現在遠いが、心はいつも近くにある」と断言した。
 元県費留学生などもテーマに沿って話を行い、会の最後には参加者全員で坂本九の名曲「上を向いて歩こう」を歌い、締めくくった。
 ブラジル鹿児島県人会「オンラインチャット・日本語で話しましょう!」は毎月最終火曜に開催。次回参加希望・質問などは以下までメールを。(イベント担当・末廣アレシャンドレ=kagoshimabr@gmail.com)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》店舗数が7万5千も減少=零細・小規模企業が大半2021年3月2日 《ブラジル》店舗数が7万5千も減少=零細・小規模企業が大半  全国材・サービス・観光商業連合(CNC)が1日、新型コロナのパンデミックのため、2020年の店舗数は7万5千減少したと発表した。この数字は、開店店舗数と閉店店舗数の差だ。  閉鎖した店舗の98・8%は零細・小規模企業が占めている。店舗減少は全ての州で起きたが、上位3 […]
  • 《サンパウロ州》77歳以上の接種を3日から開始=全国の週平均死者数1200人超/日=最悪記録更新中、高齢者3密摘発も2021年3月2日 《サンパウロ州》77歳以上の接種を3日から開始=全国の週平均死者数1200人超/日=最悪記録更新中、高齢者3密摘発も  先週土曜日から80~84歳のワクチン接種を始めたばかりのサンパウロ州だが、この3日から77~79歳の接種も開始すると発表した。サンパウロ州政府の事前登録サイト(https://www.vacinaja.sp.gov.br/)で必要情報を書き込んだ上で最寄りの保健所(U […]
  • 東西南北2021年3月2日 東西南北  サンパウロ州では、80歳から84歳を対象とするコロナウイルスのワクチン接種が行われている。サンパウロ市の場合、5カ所のドライブスルーでは2月27日、468カ所ある保健機関では1日からはじまっているが、ドライブスルー会場の初日は実に5時間待ちとなるほどの長蛇の列ができ、大混乱だ […]
  • 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から2021年3月2日 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から 「創始者」と「最初の追随者」の役割を再認識  「これは日本語教育界だけでなく、日系社会全体で共有すべき考え方だ」――2月27日にオンライン開催された「南米全伯日本語教育会議‐本会議」での水上(みずかみ)貴雄さん(海外日系人協会 […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]