ホーム | 日系社会ニュース | NHK=「ワタシたちはガイジンじゃない!」=ブラジルでも11日視聴可能

NHK=「ワタシたちはガイジンじゃない!」=ブラジルでも11日視聴可能

番組告知画像

番組告知画像

 【既報関連】旧年12月に日本のNHK・BS1で放送された「ワタシたちはガイジンじゃない!」が、ブラジルでも視聴可能なNHK国際放送(ワールドプレミアム)で11日10時20分~11時33分まで放送される。
 この番組は名古屋市内の団地で長期密着を行い、愛知、静岡、岐阜、長野で暮らす日系ブラジル人約150人に直接取材をし、「実話をベースにした一人芝居」と「ドキュメンタリー」でお送りする。
 1990年代のデカセギブームで夢を抱いて日本にやってきた在日ブラジル人が見た実際の日本を題材にしている。芝居は「日本における一人芝居の第一人者」イッセー尾形氏が、日系ブラジル人が多く住む名古屋市の第九団地の一角で行う。脚本は映画「GO」やNHK朝ドラ「あまちゃん」を手掛けた有名脚本家の宮藤官九朗氏による書き下ろし。
 一人芝居を観劇したブラジル人の人生や、孤独死が発生した団地で支援を続けている日本人などの取材した映像なども挟み込まれる。
 番組詳細は以下サイト(https://nhkworldpremium.com/episode/94886)で。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GREEN KIDS=ラップに込めた心の叫び=高橋幸春(東京在住ジャーナリスト)=〈2〉2020年11月4日 GREEN KIDS=ラップに込めた心の叫び=高橋幸春(東京在住ジャーナリスト)=〈2〉  出稼ぎで来日した日系人の多くの家庭では、ポルトガル語やスペイン語が使われる。当然子供たちも、日本語を話す機会は少ない。団地内でも飛び交うのはポルトガル語やスペイン語だ。  双子の兄弟は地元の小学校入学式の日、自己紹介の順番が回ってきた時、日本語で話すことができずに泣 […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画2018年6月26日 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画  「どうしたら貴方の映画がみられるの?」――皇后陛下は山崎千津薫監督にそう尋ねたという。1996年3月、FHC大統領が国賓として日本を訪問した際、山崎監督は随行員に選ばれた。東京で両陛下に謁見した際、「ルッチFHC夫人から『日本移民の映画を作った監督』として私は紹介され […]
  • 日伯関係の大変化を予感させた夜2017年7月25日 日伯関係の大変化を予感させた夜  下地幹郎衆議院議員(日本維新の会)による四世ビザ説明会からの帰り道、「日伯関係の大変化を予感させる一晩だった」としみじみ感じた。別室での記者会見で下地衆議に「票にもならない日系人のことを、どうしてそんなに一生懸命やってくれるのか?」と単刀直入に聞いたのに対し、思いもか […]
  • 四世ビザに「条件付き賛成」?=本人や関係者に意見聞く=(7)=あるデカセギ帰伯子弟の意見2017年7月19日 四世ビザに「条件付き賛成」?=本人や関係者に意見聞く=(7)=あるデカセギ帰伯子弟の意見  デカセギ帰伯子弟には高い日本語能力を活かし、ブラジルで日語教師になる人もいる。現在パラー州ベレン市の日本語学校に勤める忠鉢ユミ・ステファニーさん(三世、28)は3歳で訪日し、静岡県で暮らした経験を持つ。  両親は日本語がわからず、家庭内ではポ語。忠鉢さんが日本語を本格的に学 […]