ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》101歳の女性が履歴書提出=大好きなワインを買いたくて

《サンパウロ州》101歳の女性が履歴書提出=大好きなワインを買いたくて

1年間の無料贈呈を約束する書類とワインを手に、笑顔を見せるマリアさん(16日付G1サイトの記事の一部)

 新型コロナウイルスのパンデミックで経済的なゆとりがなくなった家庭も多いが、「家族に負担をかけずに大好きなワインや肉などを買いたい」と言い出した101歳の女性の家族が、冗談半分に履歴書を送ったところ、ソーシャルネットワークで話題となり、何十本ものワインと1年間無料贈呈の約束を受け取った。
 話題の女性はマリア・カルドーゾさんで、履歴書を受け取ったのはサンパウロ州内陸部プロミッソン市の食肉会社。ひ孫のパメラ・クリスチナ・マチアス・ゴメスさんから「おばあちゃんと面接して」と頼んだところ、生年月日を見た人事担当者が驚き、履歴書を持参するよう要請した。
 マリアさんは9歳の時から畑で働いてきたため、読み書きはできないが、家族が作った履歴書を見た人事担当者が、個人や集団が本来持つ潜在能力を引き出し、湧き出させる「エンパワーメント」の好例としてソーシャルネットワークで紹介したため、彼女の思いや行為はあっという間に知れ渡った。

 マリアさん自身はソーシャルネットワークが何かも知らず、インターネットの持つ力も理解していないが、彼女の事を知った企業関係者らを通し、「ワインを届けたいが」と申し出る企業が続出。ひ孫のパメラさんによると、マリアさんの家には何十本ものワインや、ワインを1年間無料で贈呈するという企業からの正式な署名入り文書が届き、本人はすっかりご満悦だという。
 パメラさんによると、マリアさんの家族は彼女に働かせるつもりは毛頭ないが、相談を受けたので履歴書を作ったし、人事担当者と会った時も、会社の中を見せるといって連れ出したという。(13、16日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 《記者コラム》二人分の命の灯が消える時2021年5月6日 《記者コラム》二人分の命の灯が消える時  4日、サンタカタリーナ州の保育園襲撃事件やコメディアンのパウロ・グスターヴォの死が衆目を集めた。だが、コラム子には、「エロアーさんの両親が娘の心臓を受けた女性のコロナ感染症による死を嘆いた」との報道も気になった。  エロアーさんは15歳だった08年10月、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》80歳以上の死者が激減=コロナワクチンの効果顕著2021年5月5日 《ブラジル》80歳以上の死者が激減=コロナワクチンの効果顕著  ペロタス連邦大学が、ブラジル国内で新型コロナのワクチン接種を始めて以来、80歳以上の死者が減少し、コロナ感染症による死者に占める割合が大幅低下と発表したと4日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  2020年の場合、80歳以上の人がコロナ感染症による死者に占める割 […]
  • 《ブラジル》負債抱える貧困者再び増加=緊急支援金減額や失業響く=経済活動が安定する時期は?2021年5月5日 《ブラジル》負債抱える貧困者再び増加=緊急支援金減額や失業響く=経済活動が安定する時期は?  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が4日、緊急支援金の支給額や受給者の減少と労働市場の状況悪化で、低所得で負債を抱えている人が急増と発表したと4日付現地サイトが報じた。  FGVによると、ここ数カ月間は全階層で負債を抱えている人が増えたが、低所得者ほど増加が著しい […]
  • 《ブラジル》中国製ワクチンではEU圏渡航ダメ?=欧州医薬品庁が査定開始2021年5月5日 《ブラジル》中国製ワクチンではEU圏渡航ダメ?=欧州医薬品庁が査定開始  欧州医薬品庁(EMA)が、現時点ではブラジルで最も使用されているコロナワクチン「コロナバック」を同庁公認のワクチンとして認めるか否かの査定を4日からはじめている。査定は動物実験や人体での臨床試験(治験)の結果を基に行われているが、これが認められないと、ワクチン接種を受 […]