ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》101歳の女性が履歴書提出=大好きなワインを買いたくて

《サンパウロ州》101歳の女性が履歴書提出=大好きなワインを買いたくて

1年間の無料贈呈を約束する書類とワインを手に、笑顔を見せるマリアさん(16日付G1サイトの記事の一部)

 新型コロナウイルスのパンデミックで経済的なゆとりがなくなった家庭も多いが、「家族に負担をかけずに大好きなワインや肉などを買いたい」と言い出した101歳の女性の家族が、冗談半分に履歴書を送ったところ、ソーシャルネットワークで話題となり、何十本ものワインと1年間無料贈呈の約束を受け取った。
 話題の女性はマリア・カルドーゾさんで、履歴書を受け取ったのはサンパウロ州内陸部プロミッソン市の食肉会社。ひ孫のパメラ・クリスチナ・マチアス・ゴメスさんから「おばあちゃんと面接して」と頼んだところ、生年月日を見た人事担当者が驚き、履歴書を持参するよう要請した。
 マリアさんは9歳の時から畑で働いてきたため、読み書きはできないが、家族が作った履歴書を見た人事担当者が、個人や集団が本来持つ潜在能力を引き出し、湧き出させる「エンパワーメント」の好例としてソーシャルネットワークで紹介したため、彼女の思いや行為はあっという間に知れ渡った。

 マリアさん自身はソーシャルネットワークが何かも知らず、インターネットの持つ力も理解していないが、彼女の事を知った企業関係者らを通し、「ワインを届けたいが」と申し出る企業が続出。ひ孫のパメラさんによると、マリアさんの家には何十本ものワインや、ワインを1年間無料で贈呈するという企業からの正式な署名入り文書が届き、本人はすっかりご満悦だという。
 パメラさんによると、マリアさんの家族は彼女に働かせるつもりは毛頭ないが、相談を受けたので履歴書を作ったし、人事担当者と会った時も、会社の中を見せるといって連れ出したという。(13、16日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]
  • 東西南北2021年2月26日 東西南北  2019年に世界ナンバーワン・ゴールキーパーに選ばれた、ブラジル代表レギュラー、アリソン(28、リバプール)と、フルミネンセの正キーパーのムリエル(34)の父親のジョゼ・アゴスチーニョ・ベッケルさん(57)が24日、リオ・グランデ・ド・スル州ラヴラス・ド・スルで溺死した。ベッ […]
  • 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール2021年2月26日 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール  「発表を終えた時のParabéns!の文字は忘れられません」――静岡文化芸術大学(静岡県浜松所在)の2年生でポルトガル語を学ぶ山下夏実さんは、浜松から聖市のジャパン・ハウスに向けてオンライン発表を行った達成感を、そう綴った。2月22日に日本外務省、静岡県庁、ブラジル静 […]