ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」

《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」

殺人事件を報じるUOLサイト記事の一部

 「ビデオゲームの達人」として有名だった19歳の女性が22日午後、ゲーマー(ゲーム愛好家)でサンパウロ市在住の18歳の少年に刺殺される事件が発生した。23、24日付現地紙、サイトが報じている。
 殺害されたのは、イングリッジ・オリヴェイラ・ブエノ・ダ・シウヴァさんだ。彼女はビデオゲーム「コール・オブ・デューティ」を専門とするゲーマーで、「eスポーツ」という団体に所属。「ソル(Sol)」という通称で知られていた。
 殺害したのは「フラッシュライト」という通称で知られる18歳の学生で、別団体「ゲーマーズ・エリート」のゲーマーのギリェルメ・アウヴェス・コスタ容疑者だ。

 コスタ容疑者はゲームを通じて1カ月ほど前にイングリッジさんと知り合いになり、自宅に誘ったという。同容疑者によると、最初から殺人が目的で、その体験をもとに本を出版しようと考えていたという。
 イングリッジさんの遺体は容疑者の兄によって発見された。遺体には数カ所の刺し傷があったという。コスタ容疑者は逃走し、自殺するつもりであることを家族にほのめかしていたが、兄弟の説得により自首したという。
 コスタ容疑者はゲーマーズ・エリートの仲間のワッツアップに、殺人を犯したことをほのめかすメッセージやビデオを送っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ