ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■カラオケ「新宿」ママ、氏家志津江さん

■訃報■カラオケ「新宿」ママ、氏家志津江さん

氏家志津江さん

氏家志津江さん

 サンパウロ市ベラ・ヴィスタ区にあるカラオケ店「新宿」(R. Rui Barbosa, 734)のママ「しーちゃん」こと、氏家志津江さん(うじいえ・しづえ、北海道出身)が、24日(水)にサンパウロ市内のSUS病院で心臓病により亡くなった。行年68歳。
 新型コロナウイルスの流行が始まってからカラオケ店を閉めた後に腰の骨を折り、人工骨を入れる手術をしていた。術後に白血病の症状が出たほか、脳溢血を起こすなど体調を著しく崩し入院が続いていた。
 氏家さんは1964年あめりか丸で家族と共に渡伯。カラオケ店はコロニア以外からも愛され、駐在員も足を運ぶ有名店だった。氏家さんは「しーちゃん」という愛称で親しまれていた。25日に親族のみの10人ほどで葬儀を行ったという。

image_print

こちらの記事もどうぞ