ホーム | 日系社会ニュース | 在マナウス総領事館=高評価で特別に1千万円超=草の根無償資金協力の署名式

在マナウス総領事館=高評価で特別に1千万円超=草の根無償資金協力の署名式

署名式の様子。ソコーロ・バーロ会長と関口ひとみ総領事

署名式の様子。ソコーロ・バーロ会長と関口ひとみ総領事

在マナウス日本国総領事館(関口ひとみ総領事)は2月11日、対ブラジル草の根・人間の安全保障無償資金協力による「電気設備刷新・太陽 光発電システム整備計画」の贈与契約署名式を、マナウス障害者を支える親と友の会(APAEマナウス、ソコーロ・バーロ会長)と行った。
 マナウス市内にある同会の電気設備を刷新し、太陽光・発電システムを整備することにより、精神・身体障害者教育・医療・社会福祉サービスの質の向上に寄与を目的として11万9463米ドル(約1250万円、11日時点)を供与限度額に供与された。
 通常、草の根無償案件は一案件の限度額は1千万円が原則となっている。同案件は、障害者支援やアマゾンにおいて再生可能エネルギーを推進する取り組みが特に評価されたもの。
 関口総領事は「本案件を通じて、同団体の施設が改善され、利用者である障害者の方々がより質の高いサービスを受けられることを願っています」と期待をこめた。同会はマナウス州で最大規模の慈善団体で、50年に亘り障害者にむけて様々なサービスの提供を行ってきた。
 バーロ会長は「本案件は、同会の施設維持にとって大変重要な電力・エネルギー源の改善を可能とし、施設利用者にとっても大変有益な物です」と喜びの声をあげ、「実現に向けて尽力して頂いた関口総領事及び同総領事館スタッフの皆様に深く感謝いたします」と深謝した。
 署名式が行われた11日には、同州政府から新型コロナウイルス感染拡大を防止するための外出制限措置が発動されたため、署名式への参加はバーロ会長のみの参加となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ怖さに死者もワクチン接種?=謎の事例が27件発覚2021年4月23日 《ブラジル》コロナ怖さに死者もワクチン接種?=謎の事例が27件発覚  ブラジル中西部のマット・グロッソ州で、既に死亡した人の納税者番号(CPF)を使って新型コロナの予防接種を受けた人がいる事が判明し、同州会計検査局(TCE)が不正接種が起きた市の市役所に説明を求めた。  マット・グロッソ州TCEによると、不正接種は1月18日から3月1 […]
  • JICA=アマゾン地方の医療支援決定=機材供与と研修員の知識普及2021年4月21日 JICA=アマゾン地方の医療支援決定=機材供与と研修員の知識普及  独立行政法人国際協力機構ブラジル事務所(JICA、江口雅之所長)は新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アマゾン地方の医療態勢拡充を目指すため、医療機材を含む支援を3月22日にアマゾナス州保健局、パラー州都ベレン市のアマゾナス病院へ24日に実施を決定した。  感染患 […]
  • 《ブラジル》危機迫るアマゾンのインディオ=金鉱夫がワクチン不正接種=フェイクニュース信じて打たない先住民2021年4月20日 《ブラジル》危機迫るアマゾンのインディオ=金鉱夫がワクチン不正接種=フェイクニュース信じて打たない先住民  新型コロナワクチンの予防接種での割り込みが多発し、犯罪扱いとする法案審議などが進められている中、保健省職員が金鉱夫(ガリンペイロ)に不正接種を施したとの告発が起きた。  不正接種を告発したのは、ロライマ州に住む先住民(インディオ)のヤノマミ族の人々だ。同族の住民組織 […]
  • 楠首席領事「これからも関わり保つ」=5月、カナリア諸島へ転任2021年4月17日 楠首席領事「これからも関わり保つ」=5月、カナリア諸島へ転任  在サンパウロ日本国総領事館の楠彰首席領事(60、福岡県)が5月4日から、大西洋のモロッコ沖にあるスペイン領カナリア諸島の領事事務所に転任する事が決まった。オンラインで転任の挨拶を取材した。  「日系社会にはプライベートでも仕事でも大変お世話になりました。ブラジルとの […]
  • 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領2021年4月6日 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領 セントロンに追い詰められる大統領  3月24日、ブラジルはコロナ死者30万人を超えるという惨状を呈した。この社会的不安感と緊張感の高まりを背景に、経済界も対策を求める意見書を公開し、それに背中を押されて政界の動きも激しくなった。3月末には1日の死者が4千人超の日が出るなど事態 […]