ホーム | 日系社会ニュース | アンドラジーナ=「24時間、市政に捧げる」=小野市長が2期目の抱負

アンドラジーナ=「24時間、市政に捧げる」=小野市長が2期目の抱負

ニッケイ新聞 2012年11月6日付け

 元県人会長を務めた二世で、6万人都市の市長に転身した稀な例が小野ジャミルさん(PT、52)だ。この地方選挙で2期目への当選を決め、30日に挨拶のため本紙を訪れ、第1期を振り返るとともに今後の抱負をしっかりとした日本語で語った。
 サンパウロ州ノロエステのアンドラジーナ市の小野市長は、かつて福島県人会、同市の日本人会長、ノロエステ連合日伯文化協会の副会長などを務め、今もコムニダーデとは関わりが深い。
 同市は副市長も日系人という日系首長コンビ。得票率67%を獲得するなど圧倒的な人気で再選された小野氏は、「まずは応援してくれたコムニダーデに感謝したい。24時間、家族よりも市に捧げます」と献身的に市政に取り組むことを誓った。
 再選にあたっては「私以前の市長は16年間、何もしなかったに等しい状態だった。だから、その16年分以上の仕事を、私が4年で成し遂げたと評価され、今回の結果につながったのでは」と自信を見せる。
 1期目は特に道路のアスファルト化、衛生面の整備などインフラ改善に力を入れたほか、託児所の改修や拡大も行った。また失業対策として企業誘致を図り、工業団地も建設したという。
 父方の祖父母が福島、母方の祖父母が愛媛出身の三世。1988年に1年間、中南米留学生の団長として県費留学生制度で訪日、福島大学で学んだ。
 「遊学生でした」と笑ったが、大学院の少人数ゼミで、中国人学生らと井原西鶴の作品を解釈し直した太宰治の小説『新釈諸国噺』を研究したという筋金入り。滞在中は熱心に勉学に励んだようだ。
 同市では、人口6万人のうち日系が約400家族。小野氏は同市出身でサンパウロの大学で法律を学び、不動産事務所を経営した。過去に市議を3期務め、2008年に初出馬して市長に当選している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • アンドラジーナ市長・小野ジャミルさん=日系への期待・・・支持率65%=「インフラ整備が課題」2009年11月18日 アンドラジーナ市長・小野ジャミルさん=日系への期待・・・支持率65%=「インフラ整備が課題」 ニッケイ新聞 2009年11月18日付け  「日系人として信用されているので、裏切れないですよね」  しっかりした日本語で市政に対する熱い思いを語るのは、サンパウロ州アンドラジーナ市の小野秋夫ジャミル市長(49、三世)。 […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]