ホーム | 日系社会ニュース | 福島総会=今井会長の続投決定=役員は総入れ替え

福島総会=今井会長の続投決定=役員は総入れ替え

福島県人会に出席した皆さん

福島県人会に出席した皆さん

 ブラジル福島県人会(今井マリーナ会長)は1月31日10時から「福島県人会定期総会」を開催し、役員改選で今井マリーナ由美会長の再選、役員総入れ替えが決まった。
 総会当日は人間距離をとり、マスク着用を必須するなど感染防止策を徹底し開催。14人の同会メンバーが集まった。
 総会は、2020年の事業報告や会計報告、21年の活動予定、予算などが発表された。会計報告では昨年コロナ災禍によりイベント活動が制限されたがなんとか黒字計上で終えたことを公表。
 そして役員改選が行われ、今井氏が単一シャパで再立候補し見事続投が決定。会長以外役員メンバーは総入れ替えとなった。
 今井会長は「昨年から始まったコロナ禍が今でも続き、会存続の厳しさが増すばかりです。これを乗り越えるには会員の団結がより一層必要です。引き続き力を貸してください。また横のつながりも大事にし、各日系団体とのイベントも行いたいと思います」と締めくくった。
 同県人会役員新メンバーは以下の通り。
 【会長】今井・マリーナ・由美、【第一副会長】滝内・伊藤・アドリアーナ・マユミ、【第二副会長】近澤・エドアルド・寛、【第三副会長】桜井・ファビオ・ハルオ、【第四副会長】村上・アガタ・さゆり(青年部部長)、【第一会計】渡辺三男、【第二会計】坂田・アレサンドロ・ミノル、【第一書記】渡辺三男、【第二書記】大竹輝和、【第一監査】山本・クラウジア・マユミ、【第二監査】谷川君江

image_print

こちらの記事もどうぞ